インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

ことば

アスリートもそろそろ声を上げるべきではないか

「一体何を見せられているの?」というフレーズがありますね。直視するのがはばかられるような、こちらが恥ずかしくなってしまうような他人の行為(その多くは恋愛にまつわるもの)なんですけど、つい見ちゃう、というか見られてうれしいというニュアンスも…

キャッチーでダンサブルなナンバー

YouTubeでお笑い芸人さんの芸を見るのが好きです。テレビのお笑い番組も昔は大好きだったんですけど、最近はほとんど見なくなりました。当たり前かもしれませんが、テレビという媒体は基本的に老若男女を受け手に想定しているからか、そのぶん「大味」な感じ…

「取り急ぎお礼まで」をめぐって

先日Twitterのタイムラインに、メールの最後を「取り急ぎお礼まで」で締めくくるのは失礼、という趣旨のツイートが流れてきました。それに対して賛否両論もたくさん湧き上がっていたようです。私は少々心穏やかではありませんでした。なぜって、これまで「取…

フィンランド語 99 …日文芬訳の練習・その29

「ネタバレ」は「他人の楽しみを邪魔する」、「日進月歩」は「引き続き進化している」と言い換えました。最初に日本語で文章を書いてからフィンランド語に訳すのですが、あまり日本語の表現に拘泥しすぎるととんでもない迷文になるのは中国語でも経験済みな…

「ウヨい」方々について

私はブログをこの「はてなブログ」のサービスを利用して書いているのですが、「はてな」には面白いブログがたくさんあります。特に「週刊はてなブログ」で毎週発表されている「今週のはてなブログランキング」には、その週に最も多くブックマークがついた記…

フィンランド語 98 …第一不定詞長形

第一不定詞長形(だいいちふていし・ちょうけい)というのが出てきました。これまで「第○不定詞」と名のつくものは、第三不定詞と第四不定詞がありました。当然その前の数字の不定詞もあるわけですね。まずフィンランド語でいうところの「不定詞」とは、動詞…

フィンランド語 97 …動作主分詞

新しい文法事項で「動作主分詞(どうさしゅぶんし)」というのが出てきました。「行為者分詞」あるいは「MA分詞」とも言うそうです。この分詞を使うと「〜が〜する〜」とか「〜が〜した〜」といった文を作ることができます。たとえば…… Minä söin ruokaa tän…

フィンランド語 96 …日文芬訳の練習・その28

無謀にも能楽のことを作文してみました。「私の趣味は能楽です」というのを“Minä harrastan Nōgaku”としていたのですが、“harrastaa(趣味にする)”は継続動詞で目的語は分格をとるので“Nōgakua”に直されました。また“tanssia(踊る)”も目的語は分格をとる…

深呼吸だけでいい

人前で話す時の緊張を和らげる「おまじない」として「聴衆をカボチャと思え」とか「人という字を手のひらに書いて呑め」とか言います。先日同僚のアメリカ人講師と話していて、英語には“Just picture everybody naked”というのがあると教わりました。目の前…

フィンランド語 95 …日文芬訳の練習・その27

いま分詞構文を学んでいるところなので、地域の人達とコミュニケーションするのが「とても楽しいと思う」という部分を“luulen olevani erittäin iloinen”としてみたのですが、「楽しい」という場合には所有文で“Minulla on hauskaa”といい、この所有文は分詞…

日本ではあまり根づいていないドギーバッグ

ドギーバッグ(doggy bag)というものがあります。飲食店で食事をした際、食べ残したものを持ち帰るための袋や容器のことです。Wikipediaの解説によると…… 客は「犬に食べさせる」という建前で店から食べ残した料理を持ち帰り、たいていは人間が食べるために…

「元気炉」をめぐって

かつて美術系の大学に通っていた頃、私はかなり「頭でっかち」な学生でした。だもんで、作っていたのも多分に「イデオロギッシュ」なものが多くて、でも頭はあまりよくないのでとても底の浅い作品ばかりでした。なんというか……歌に例えれば、安っぽいメッセ…

世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない

国連による「世界幸福度ランキング(The World Happiness Report)」というのがありまして、今年もフィンランドが第1位になったそうです。4年連続の第1位とか。toyokeizai.netこのレポートについては、まずもってそれが「幸福」という、そもそも何かの指…

フィンランド語 94 …日文芬訳の練習・その26

先日ブログに書いた内容を、フィンランド語の作文にしてみました。先生によると、フィンランド語で「さっぱりわからない」ことの代名詞がヘブライ語なのは、たぶんフランス語からの影響ではないかとのことでした。qianchong.hatenablog.com 「さっぱりわから…

フィンランド語 93 …日文芬訳の練習・その25

先日、札幌地裁で、同性婚の否定は違憲とする判断が示されました。G7の中で唯一同性婚が認められていない日本においては画期的な判決です。約十年前に、ニュージーランドの国会でこの件が議論された際、モーリス・ウィリアムソン議員は「この法案が可決され…

「この世には本当にバカがいるもんだ」をめぐって

カズオ・イシグロ氏へのインタビュー記事が話題になっていました。toyokeizai.net ブレグジットにしても、トランプ主義の台頭にしても、中には半分ジョークを交えながら、「この世には本当にバカがいるもんだ」と怒る人もいます。しかし、私たちはその先にあ…

その語学における勘所みたいなもの

先日フィンランド語教室のオンライン授業に参加しようとZoomで待機していたら、いつも授業が始まる前に映っている共有画面にこんなことが書いてありました。 1.単語:単語を覚える。 2.文法:言語の仕組みを理解し、どの語形になるかを知る。 3.語形変化…

フィンランド語 92 …日文芬訳の練習・その24

最初「記事が載っていた」という部分を「記事を見た」ということで“Minä katsoin”としていたのですが、普通は“Minä luin”と動詞“lukea”を使うということで直されました。なおかつ「その記事にはこう書かれている」というのも“Siinä lukee”(そこにそう読める…

料理レシピの文体

なぜ料理本やレシピの説明文は命令形ではないのか。英米文学者で文芸評論家の阿部公彦氏のこんなツイートに接しました。たとえば、ですね。以下。「豚肉のしょうが焼き」 1.豚肉に下味(しょうゆ、酒―各大さじ1。しょうがの絞り汁―大さじ1/2)をまぶし、…

同性婚も選択的夫婦別姓も

同性婚の否定は違憲とする初の司法判断が示されました。G7の中で唯一同性婚が法的に認められていないとされる日本においては画期的な判断です。もっとも、これだけ世界の人権意識に関する潮流から後れを取っている私たちの日本は「G7=主要七カ国」の一員だ…

「ちんぷんかんぷん」をめぐって

Twitterでこんなツイートを読みました。#欧米 では、といいますが、欧米内でも各言語によって”Greek”に当たる「難言語」は違うのです。#スペイン語 では「#中国語」だし。#現代ギリシャ語 では #アラビア語 のようですが、#古典ギリシャ語 ではなんだろう?β…

フィンランド語 91 …日文芬訳の練習・その23

酔漢 (id:suikan)さんのお勧めに従って、ストッケ(ヴァリエール)のバランスチェアを買いました。フィンランド語では“polvituoli(膝椅子)”と言われているようです。「とはいえ両腕が疲れるので」という部分を最初“Käsivarret olivat kuitenkin väsyneitä”…

還暦以上は口を出すな

宮城県女川町中心街の復興に際して、町会長がおっしゃったという「還暦以上は口を出すな」。テレビの報道番組を見ていたらこんな言葉が紹介されていました。復興計画では、10年前の大津波のような災害が再び起こったときに備えて、巨大な防波堤などを建設す…

フィンランド語 91 …分詞構文

教科書は新しい課に入って、「分詞構文」という文法事項が出てきました。これは書き言葉で圧倒的に多く用いられるものだそうです。分詞構文は二つあって、現在分詞の分詞構文と過去分詞の分詞構文をそれぞれ習いました。この構文は、口語では“että(英語の関…

フィンランド語 90 …「文法訳読」が楽しい

フィンランド語の先生が「フィンランド語の文章は、『簡単/難しい』という区別がなく『できる/できない』という区別があるだけです」と言っていました。とにかく語形の変化が激しいこの言語は、どんなに単純な文章であっても規則通りに変化が起こり、その…

フィンランド語 89 …日文芬訳の練習・その22

作文に書いたこの質問は本当に何度かしたことがあります。けっこう「とんがった」華人留学生でも、こと両親や家族のことになると、とっても親孝行&家族思いなんですよね。結婚観や子供を持ちたいかどうかについても、日本の若い方々に比べると「保守的」の…

フィンランド語 88 …日文芬訳の練習・その21

帰宅途中にZoomミーティングに参加した話を書きました。住宅街の中にある小学校の校門前から日本語と中国語でスマホに向かって話していたのですが、往来の人にはかなり奇妙に映ったと思います。すみません。「屋外でZoom会議をした」というのを、最初は “käv…

いつかたこぶねになる日 漢詩の手帖

私は詩というものが分かりません。いや、唐詩や宋詞にも、俳句や短歌にも、また明治期以降の新体詩にも「いいなあ」と思うものがたくさんあって惹かれ、中には諳んじているものだってあるけれども、自分で紡ぎ出すことができないのです。詩心というものに乏…

フィンランド語 87 …日文芬訳の練習・その20

東京という街は、気候的にはあまり過ごしやすい場所ではないと思います。夏は異様に蒸し暑いですし、冬は異様に寒いですし。東京の冬程度で「寒い」などと言ったらフィンランドの人に怒られそうですけど、たしかに屋外の寒さはそれほどでもないものの、屋内…

翻訳の授業 東京大学最終講義

「翻訳の正しさは原文とは無関係で、百パーセント現実との照合で決まる」と筆者の山本史郎氏は主張します。つまり原文と訳文の間の語彙や文法などよりも、その二つの文が現出させる世界がぴったりと一致していることが何より大切なことなのだと。 翻訳の授業…