インタプリタかなくぎ流

いつか役に立つことがあるかもしれません。

くらし

靴を放り投げる

毎朝通っているジムで興味深いのは、年齢や性別を問わず、ほとんどの方がご自分の靴を「ぽーん」と放り投げることです。このジムは規模がけっこう大きくて、受付の横にシューズボックスがずらっと並んでおり、利用者はそこで靴を脱いでシューズボックスに入…

もう大勢は決している

ここのところ毎朝、東京新聞が参院選における主要各政党の「公約点検」を掲載していて読んでいます。今朝のテーマは「ジェンダー平等と多様性」。選択的夫婦別姓や同性婚の是非、外国籍の人びとに対する政策などが取り上げられています。www.tokyo-np.co.jp…

まだマスクを外せない?

「災害級の暑さ」という形容すらマスメディアに登場するようになった昨今。それでも東京都心のオフィス街ではこれまでとほとんど変わらない光景が見られます。あいかわらずスーツに身を包んだビジネスパーソンが多いですし、ネクタイを締めていらっしゃる方…

最後の読書

ここ数週間ほど、ひどく疲れていました。にわかに蒸し暑くなった気候のせいもあるのかもしれませんが、とにかく身体が疲弊していて「しんどい」のです。それでもジムには通っていますが、ふだんよりメニューがはかどりません。しかもお昼を回って夕刻にいた…

マスクを手放せない?

梅雨明けはまだまだ先のようですが、東京も毎日かなり蒸し暑くなってきました。私はとにかく「暑がり」で、毎朝職場に出勤するだけで汗だくになるので、毎年この時期以降は秋まで、着替えを持参するのが常になっています。もうひとつ、暑さを倍増させている…

公衆電話

きのうの夕刻、新宿駅に向かう地下道で、見知らぬおじさんから「このへんに公衆電話はありませんか?」と聞かれました。私はどこに公衆電話があるのかまったく思いつくことができず、「ごめんなさい」と言って別れたのですが、いかに自分が公衆電話というも…

ウォーキング・メディテーション

先日の朝、最寄り駅から職場まで歩いていたら、後ろから歩いて追いついてきた同僚に“Walking Meditation”してるの? と聞かれました。周囲の人たちと比べて明らかにゆっくりと歩いている(だから同僚も追いついた)ので、何かのマインドフルネスな取り組みを…

コンビニでの住民税支払いが洗練されていました

住んでいる区の区役所から、特別区民税・都民税(住民税)の納付書が送られてきました。毎年少なからぬ額を持って行かれるのでつらいところですが、私はいつも一年分を一括ですぐに支払ってしまいます。すでに暮らしは大部分でキャッシュレスになっているの…

ラムゼイ・ハント症候群

カナダの歌手、ジャスティン・ビーバー氏が「ラムゼイ・ハント症候群」でしばらく休養するというニュースを見ました。news.yahoo.co.jpラムゼイ・ハント症候群は、いわゆる「顔面麻痺」というやつで、顔の筋肉を動かしている神経がウイルスによって機能しな…

深海のプラごみ映像を見て

先日、潜水調査船の「しんかい6500」が相模湾の深海に多数のプラスチックごみが堆積しているのを確認したというニュースをやっていました。「プラスチック・スープ」とも形容されるほどプラスチックによる海洋汚染が深刻化していることは以前から報じられて…

恥ずかしくてマスクを外せない?

往来でマスクを外す方が徐々に増えてきました。個人的な感覚ではまだ全体のほんの一部、数パーセントという感じですけれど、気候が暑くなるに従って、これからも増え続けるのではないかと予想しています。私自身は外ではマスクを外すというのが習慣化して、…

サイレントエアポート

先日、観光バスのバスガイドさんが「ガイド過多」なんじゃないかという感想を書いたのですが、観光案内の他にも過多だなと思ったのは、各種の注意事項です。その日はちょうど前日の夜に大雨が降った後だったのですが、観光スポットに到着してバスを降車する…

「誰もが自分と同じように行動すれば気持ちいい」か

毎朝通っているジムは比較的規模の大きな施設で、早朝から多くの方が運動されています。館内にはこういったジム特有のアップテンポな曲が流れており、加えて頻繁にアナウンスも流れてきます。スタジオプログラムの開始を知らせるアナウンスも多いですが、そ…

介護脱毛

一時期「介護脱毛」に興味を持っていろいろと調べたことがありました。もう亡くなってしまった義父と同居したり、妻がくも膜下出血で入院して認知症と変わらない症状を呈していた頃にあれこれ世話をしたりという経験があって、じゃあ「自分の番」になったと…

経験による格差

骨しゃぶり (id:honeshabri) 氏のブログ『本しゃぶり』に、興味深いお話が載っていました。新しいアプリを目の前にしたときにすぐ対応できるかどうかは、それに似たようなアプリを使い慣れているかどうかという「経験による格差」が大きいというのです。hone…

あの薄いビニール袋との戦いはまだまだ続く

先日、渋谷のTHE BODY SHOPでローションを買ったら、「中身が漏れ出す心配はございませんので、このままお持ちください」と商品をそのまま手渡されました。簡潔でいいなと思いました。以前にも同じお店で同じ商品を買ったことがあるのですが、その時は薄い透…

cakesが終了と聞いて

クリエイターと出版社、そして読者をつなぐというコンセプトの「cakes(ケイクス)」がサービスを終了するそうです。cakesには好きな連載記事もいくつかあって、私も一時は課金していたこともありました。書籍化されて買った本もけっこうあります。ただここ…

屋外ではマスクを外します

ここのところ数日ほど、各社の世論調査結果を興味深く見ていました。政府が公表した屋内外でのマスクの着用基準を受けて、マスク着用基準の緩和について賛意を表す方が、どの社の調査でもおおむね五割を超えていたからです。つまり屋外では、一定の条件を満…

服のサイズが合わない

東京は、ようやく初夏らしい陽気になってきました。今年は春らしい春をほとんど感じられないままゴールデンウィークに突入し、そのあともやたらに寒い日が多くて、一度しまった冬服や布団や暖房器具をもう一度引っ張り出したりしていましたが、これでようや…

屋外でマスクを外す

毎朝出勤前に職場近くのジムへ行っていて、一時間半ほど身体を動かしています。運動後にシャワーを浴びて着替えて、それから職場まで10分ほど歩くのですが、この時間がいちばん爽快です。特に今朝の東京のような、きれいに晴れ渡った、それでいてまだ気温は…

ひらやすみ

私は電子書籍というものが苦手です。なんど挑戦しても、紙の本のようには内容が頭に入ってこないので、もうすっかりあきらめてしまいました。ただし、マンガだけは基本的に電子書籍を買うことにしています。マンガはすぐに増殖して本棚の少なからぬ場所を占…

ホールフード

先日読んで非常に面白かった『科学者たちが語る食欲』に触発されて、なるべく「超加工食品」に手を出さず、一方で「ホールフード」の摂取を増やそうと思い立ちました。といっても、それほど大したことでもなく、以前はふつうにやっていたものの最近忙しさに…

科学者たちが語る食欲

食欲とは、すなわち「タンパク質欲」だったーー人間を含む動物における「食欲」のメカニズムについて、衝撃的な研究成果を紹介している一冊です。とにかく面白くて、一気に読み終えてしまいました。 科学者たちが語る食欲全部で367ページとそれほど大部の本…

タバコは、農業だ。

職場の図書館で、お若い方向けのファッション雑誌をパラパラとめくっていたら,こんな広告がありました。「タバコは、農業だ。」ーーこんなに罪深い広告があるでしょうか。同キャンペーンを紹介したJAcom(農業協同組合新聞)のウェブサイトにはこうあります…

ウクライナ侵攻と報道

ロシアによるウクライナ侵攻に関して、「多分に情緒的で勧善懲悪的な報道にはちょっと『うんざり』」していると先日書きました。 qianchong.hatenablog.com それで大手メディア発ではない情報にもいろいろ触れようと意識してきたのですが、今朝はその大手メ…

情緒的な報道にはちょっとうんざり

知人と話していたら「最近はちょっとうんざりしてきた」と言っていました。連日接しているウクライナに関する報道についてです。ロシアによる侵攻が始まって二ヶ月あまり。過去のこうした紛争や戦争はたいがい数ヶ月から数年、あるいはそれ以上続いたことが…

ウクライナ政府の動画に対する反応

ウクライナ政府がツイッターに投稿した動画について、日本のネットユーザーからの批判で炎上した……というニュースに接しました。私はこの動画を保存しておいたのですが、案の定今日になって、もとの動画が削除され、改変された動画に変わっていました。 main…

アンチソーシャルメディア

Facebookというものをほとんど使わなくなりました。何年か前にいったんアカウントを削除したものの、台湾の友人や日本国内の一部の知人とやり取りするためだけに復活させてしばらく使っていましたが、現在ではほぼMessengerくらいしか使っていませんし、自分…

SNSやニュースフィードで情報を知らなくてもいい

昨日仕事を終えて退勤しようとしていたときに、同僚から「ねえ、どう思う? あの吉野家のハナシ」と聞かれました。私は何のことだか分からなかったのですが、吉野家の常務が早稲田大学で行われた社会人向けのセミナーで「きわめて不適切な発言」をしたとのこ…

新刊書の推薦コメント

新刊書の車内広告や店内POP、あるいは本についている帯などに、惹句とともに読者の感想が並んでいることがありますよね。著名人による「○○氏、推薦!」みたいなのもありますけど、それ以外にも「40代・女性」とか「東京・STさん」のように匿名で、「目からウ…