インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

放っておくとすぐに体重が減る

ほぼ毎日ジムに通っているので体調はとても良いのですが、先日体重を測ったら少し減っていました。けっこう身体を動かしているので、ちょっと食べないでいるとすぐに体重が落ちてしまうのです。そういえば先週はかなり忙しくて、毎日夜遅く帰っていたのでろくに夕食も作らず、ありあわせのもので済ませてしまっていたのでした。食生活の乱れはすぐに体重に現れます。

とはいえ、歳をとってもうそんなにたくさん食べられなくなりました。昔はご飯だってパンだってパスタだって本当にたくさん食べられたのに、いまでは妻も私も本当に少ない量でお腹いっぱいになってしまいます。しかも私はせっかく筋トレもしているんだからと少し糖質を制限してきたので、なおさら炭水化物の摂取量が減っています。米櫃のお米の減りの遅いことといったら。

しかし、ジムのトレーナーさんに相談したら「やはりしっかり糖質を取らないとだめですよ」と注意されました。運動をせずに「メタボ」の傾向があるならまだしも、私の場合はかなり「がっつり」と筋トレをしているので、そのためにはエネルギーのみなもとになる糖質もそれなりの量が必要なのだと。

糖質が足りないと、身体は自分の蛋白質をエネルギーに変えようと筋肉を消費するのだそうです。これではいくら「蛋活(蛋白質を積極的に取る食生活)」していても、筋肥大にはつながらないと。だからエネルギーの部分はきちんと糖質をとることで補ってあげて、その上でトレーニングして蛋白質もしっかり取れば、そのぶん太る、というか身体を大きくすることができますよと。なるほど。

正直なトレーナーさんは「とはいえ、年齢も年齢ですから、若い人のように劇的に身体が大きくなるというのは難しいですけど」と言っていました。それでも冗談交じりに「まあ牛丼屋さんだったら基本2丼、つけ麺屋さんだったら大盛りや特盛りデフォルトでお願いします」だって。……それは私にはもうちょっと難しそうですが、少なくとももう少しきちんとご飯やパンやパスタなどの炭水化物も摂ろうと思いました。

f:id:QianChong:20211123184608p:plain
https://www.irasutoya.com/2014/12/blog-post_176.html