インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 125 …日文芬訳の練習・その46

最初は作文中で“rokote”と書いていたのですが、実際にスマートフォンのアプリに出てきたのは“rokotus”でした。“rokote”は「ワクチン」で、“rokotus”は「予防接種・ワクチン接種」。これももう忘れないと思います。アプリには“rokotus/ワクチン接種・ワクチン”と入力していたので、それも直しました。

新型コロナウイルスのワクチンをすでに2回接種しました。私の周囲では接種後の副反応があった人も多かったですが、私は何もありませんでした。もっとも私は普段から体調があまりよくないので、副反応と見分けがつかなかったのかもしれません。ワクチンを接種したら、急激な反応が出ないかどうかを確かめるために15分ほど待機することになっています。そのあいだ暇つぶしにスマートフォンフィンランド語の単語帳アプリをやっていたら、「予防接種」という単語が出てきました。偶然にしては出来すぎだと思います。たぶんこの単語はもう忘れないでしょう。


Minä olen jo saanut kaksi koronarokoteannosta. Ympärilläni on paljon tuttavia, joilla oli useita sivuvaikutuksia niiden jälkeen, mutta minulla ei ole ollut yhtään mitään oiretta. Luulen, että ehkä on vaikea tunnistaa sitä, koska kuntoni ei ole aina ollut täydellinen. On hyvin tunnettuja, rokotuksen jälkeen meidän on seurattava 15 minuuttia mahdollisen allergista reaktiosta varalta. Joten olin pelannut suomenkielen sanakortti-sovellusta älypuhelimellani tappaakseni aikaa. Sitten oli esiinnytty "rokotus". Se oli tietysti sattumaa, mutta se oli myös ihme. Luulen, etten koskaan unohda tätä sanaa.


f:id:QianChong:20210905092211j:plain:w200