インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

なかなか体重が増えない

今朝ジムで久しぶりに体重計に乗ったら、以前より少しだけ体重が増えていました。日頃から「もうちょっと体重を増やしたい」と思っていたので、うれしかったです。不定愁訴の解消を目指して筋トレを始めて三年半あまり。私はもともといわゆる中肉中背という体型で、特に痩せてもおらず、マッチョでもなかったのですが、これだけ筋トレを続けてくるとさすがに少し筋肉質(な感じ)にはなってきました。

一時期、筋肉がつき始めた頃に急速に体重が増えた時期があったのですが、その後は筋肉はついても体重は増えない状態がもう二年ほど続いています。筋肉がついて体重が変わらないんですから、そのぶん脂肪や贅肉が落ちてよかった……と考えるべきなのでしょうが、実際にはそれほど痩せた感じにはなっていません。不思議なものですけど、私のような中高年になると、お若い人のように急激に体型を変えるのはかなり難しいようですね。

筋トレは動かせるウェイトの数字が増えていくのが楽しいので、もう少し高みを目指してみたいのですが、いかんせん体重が増えないためか、数字も頭打ちであまり伸びていきません。ここから先は物理的にもう少し身体を大きくするしかなさそうですが、そのためにしっかり食事を取ろうとしても、悲しいことにもうそれほど量が食べられないのです。妻も私も、すぐお腹がいっぱいになっちゃう。私は毎日自炊していますが、数年前に比べて明らかに作る量が減りました。

まあ年齢のことも考えて、あまり貪欲になりすぎないように、そこそこのところで足るを知ろうと思います。それにジムのトレーナーさんによると、ウェイトの数字が上がらないのは身体の大きさや筋肉の量よりも、私の身体全体の使い方の問題だそうです。ベンチプレスにしても、単に胸や腕の筋肉で挙げているというより、全身の使い方と力のバランスの入れかたが肝要なのだとか。

しかも面白いのは、挙げられるウェイトの数字が上がっていくほど、次なる課題が見つかることです。ある程度まで挙げられるようになると、そこで数字が頭打ちになる。その時にフォームや力の入れ方を見直して改善すると、また少し進歩する時がやってくる。その進歩したところでは、それまでには気づきもしなかった新しい課題が見つかり、今度はその課題に取り組むことになる……どうもその繰り返しのようなのです。

これはまあ筋トレに限らず、さまざまな技術の習得に共通したサイクルです。語学でもそうですし、お稽古事でもそうです。これからも倦まず弛まず続けていこうと思っています。

f:id:QianChong:20210720150657p:plain
https://www.irasutoya.com/2017/06/blog-post_386.html