インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

筋肉痛に襲われなくなった

「プロの運動選手は筋肉痛にならない」という話を聞いたことがあります。ジムのトレーナーさんから聞いた話です。運動選手は毎日身体を鍛えているので、我々のようにたまに運動した翌日や翌々日にひどい筋肉痛に襲われる……というようなサイクルにはならないというのです。聞いたときは「そんなものかしら」と半信半疑でした。

f:id:QianChong:20200704100837p:plain
https://www.irasutoya.com/2017/06/blog-post_81.html

男性版更年期障害とでもいうべき不定愁訴と腰痛を解消するため、ジムに通いだして二年半あまり。最初はトレーナーさんについてもらうパーソナルトレーニングだけ週に二回ほど通っていたのですが、そのうち身体が爽快になるのに味をしめて出勤前の早朝に「朝活」として大手のジムにも通うようになりました。

レーニングは「休息もとても大切(トレーナーさん談)」とのことなので、ジムに行かない日も適度に挟んでいますが、今では毎週五日はジムに通っています。トレーニングに費やす時間は一時間ほどですが、不定愁訴はかなり影を潜め、腰痛も以前のようなひどい状態にはほとんど陥らなくなりました。それと、この年齡でも少しずつ筋肉がついていくという楽しみが加わりました。

そんな中、先日ふと気づいたのです。そういえば、ここしばらく筋肉痛を感じていないと。いや、筋肉痛みたいなものがないわけではありません。常に「じわっ」と筋肉が張っているような感覚はある。けれども、以前のような、トレーニングの翌日や翌々日に、下手をすると電車の吊り革を掴むのさえ苦労するような、あのひどい筋肉痛に襲われることはなくなりました。

もちろん、私の身体がプロの運動選手並みになったわけではありません。ただ、二日と開けずにトレーニングしているので、トレーニングで痛めた筋肉が回復する際の筋肉痛を覚える前に、もう次のトレーニングを入れちゃうので筋肉痛を覚える暇がないという感じなのではないか。たぶんこれが「運動選手は筋肉痛にならない」という状態に近いのじゃないかなと勝手に解釈しています。