インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

袋がまったくなくて清々しい

買い物をするとき、とくにスーパーのレジであの「薄いビニール袋」との戦いをえんえん繰り広げてきた私。最近はいずこのスーパーでも白いレジバッグこそ有料になりましたが、あの薄いビニール袋はあいかわらず大量に消費されています。野菜も生鮮品のパックも、へたをするときちんとパックしてある冷蔵品も(豆腐とか漬物とかね)片っ端から薄いビニール袋に放り込まれてしまうので油断なりません。

さらにあの「薄いビニール袋」との果てしなき戦い - インタプリタかなくぎ流
あの「薄いビニール袋」との果てしなき戦い - インタプリタかなくぎ流
ふたたびあの「薄いビニール袋」について - インタプリタかなくぎ流
あの「薄いビニール袋」を何とか避けたい - インタプリタかなくぎ流

レジではいつも「その袋、要りません」というタイミングを計りながら会計を待っていて緊張しているのですが、先日それとは真逆の買い物体験をしました。アウトドア用品の「パタゴニア」のお店でのことです。

www.patagonia.jp

昨年、冬服を大幅に断捨離して、まだ着られそうなものは地域のコミュニティに寄付したのですが、うっかり断捨離しすぎてこの時期に着ていた薄手のダウンジャケットまで寄付してしまいました。寄付した覚えはなかったのですが、どこを探しても見つからないのです。断捨離って、勢いがつくと大胆になりすぎるんですよね、私の場合は。

それでたまたま通りかかった渋谷のパタゴニアで一枚買い求めました。こうやって何度も買い直しているようでは結局は大量消費につながって、ちっとも環境負荷を減らせていませんが。それはともあれ、かねてより仄聞していた環境への意識の高い同社の直営店、買い物をしている最中から店員さんが「このままのお渡しになりますが、よろしいですか」と何度もたずねられ、実際レジで会計したあとは、店員さんが手慣れた手つきでダウンジャケットをくるくるっと丸めて、こんな形で手渡してくれました。

f:id:QianChong:20211116090203j:plain

というわけで、このラグビーボールみたいな物体を抱えて、家に帰りました。まあこれはこれで「こういうものだ」と思ってしまえばなんということもないですね。いっそ清々しいとさえ言えます。