インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 118 …時相構文

新しい文法事項として「時相構文(じそうこうぶん)」というのが出てきました。これは「kun A, B(Aのときに、B)」という口語での言い方と同じ内容を表す書き言葉専用の表現方法だそうです。

Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
ミッコが家に帰ってきたとき、レーナはすでに寝ていました。
= Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.

下の文が「時相構文」で、特徴としては“kun”とカンマがなくなり、主語の“Mikko”が属格“Mikon”になり、動詞が“tuli(tullaの過去形)”から“tullessa”になっています。この“tullessa”を「第二不定詞内格」と呼ぶそうです。

第二不定詞内格は、動詞の原形(不定詞)の最後にある“a / ä”を“essA”に変えて作ります。ただし、“essA”の前に“e”があるとき、その“e”は“i”に変化します。

tulla(来る)→ tullessa
tietää(知っている)→ tietäessä
syödä(食べる)→ syödessä
herätä(目覚める)→ herätessä
※ lukea(読む)→ lukiessa

教科書や参考書にある例文を使って、“kun 〜”の文を時相構文にする練習をしてみます。

kun Mikko tiskasi, Leena puhui puhelimessa.
ミッコが洗い物をしていたとき、レーナは電話で話していました。
= Mikon tiskatessa Leena puhui puhelimessa.
Olin kuusivuotias, kun perhe muutti Ruotsiin.
一家がスウェーデンに移住したとき、私は六歳でした。
= Olin kuusivuotias perheen muuttaessa Ruotiin.

時相構文では「属格+第二不定詞内格」の部分が文のどこに入っても成立するそうです。つまり、下の文はいずれも同じということですね。

Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.
Leena Mikon tullessa kotiin oli jo nukkumassa.
Leena oli Mikon tullessa kotiin jo nukkumassa.
Leena oli jo Mikon tullessa kotiin nukkumassa.
Leena oli jo nukkumassa Mikon tullessa kotiin.

“Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.”という文では“tuli”が過去、“oli”も過去で時制が同じですが、次の文は異なります。

Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
ミッコが家に帰ってきたあとで、レーナは目覚めました。

“oli tullut”は過去完了で、“heräsi”の過去よりも前の出来事です。このようなときには「第二不定詞内格」の代わりに「受動態過去分詞単数分格」を使うそうです。ややこしくなってきました。まず動詞を原形(不定詞)に戻して、受動態の過去分詞を作り、それを分格にします。

tulla(来る)
tullaan(受動態現在形)
tultiin(受動態過去形)
tultu(受動態過去分詞)
tultua(受動態過去分詞単数分格)

ということで時相構文を作ると、こうなります。この“tultua”だけで、この動作が先に起こったことを示しているんですね。

Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
ミッコが家に帰ってきたあとで、レーナは目覚めました。
= Mikon tultua kotiin Leena heräsi.

これも教科書や参考書の例文で練習してみます。

(Sen jälkeen) kun Mikko oli tiskannut asiat, he menivät ulos.
ミッコが洗い物をしたあとで、彼らは外に出かけました。
= Mikon tiskattua asiat he menivät ulos.
(Sen jälkeen) äiti oli lähtenyt, lapset alkoivat lukea.
お母さんが出かけたあとで、子供たちは読書を始めました。
= Äidin lähdettyä lapset alkoivat lukea.

この“sen jälkeen(そのあとで)”はしばしば省略されるそうです。「属格+受動態過去分詞単数分格」だけで、この動作が先に起こったことが分かるからですね。

f:id:QianChong:20190805212517j:plain
Kun syötiin karjalanpiirakkaa, juotiin kahvia. = Karjalanpiirakkaa syötäessä juotiin kahvia.