インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

今日のこの「うんざり感」を忘れまい

Twitterにこんな画像が載っていました。ホント、よくできてます。


今朝の新聞にも載っていましたが、本当にこの五輪は醜聞続きです。当時の安倍晋三首相が「原発はアンダーコントロール」と豪語し、東京の酷暑を偽って招致したのに始まり、新国立競技場の計画が白紙撤回・再公募となり、エンブレムが盗作疑惑でこれも撤回・再公募になり、JOC竹田恒和会長が招致時の贈賄疑惑でフランスの検察当局が操作を開始、マラソンの札幌開催が突然決定、2020年五輪の延期決定、森喜朗組織委会長の女性蔑視発言と辞任、開会式の演出統括だった佐々木宏氏がこれも侮辱発言で辞任、各地での聖火リレーの中止、海外からの観客受け入れ断念、無観客開催の決定、そしてここのところの小山田圭吾氏、のぶみ氏、小林賢太郎氏の相次ぐ辞任や解任……。

もちろんこの間に巨額の税金を含む資金が投じられ、その一方でコロナ対策は後手後手にまわり、そして今日、何の説得力もない「安心安全」を繰り返す菅義偉首相と小池百合子都知事のもと、オリパラが始まろうとしています。私の周囲でも、今回のオリパラに関して懐疑的な目を向ける人は多いですが、それでもそのうちのかなりの数の人が、いざ始まってしまえば「メダルラッシュ」などに歓喜するのではないかと想像し、今から気が滅入ります。先日のブルーインパルスの予行演習でさえ高揚していた人もいましたし。

新聞やテレビなども、オリパラがらみの報道がぐっと増えてきました。コロナ感染の急拡大を憂い、オリパラ開催を不安視する報道をしながらも、その次の瞬間には「さあ、ここからはスポーツです!」と明るくオリパラがらみの報道を繋げられるその感性にもうんざりします。今日以降も「メダルラッシュ」などで大騒ぎになるでしょうけど、私としては今日からひと月ほど、私は徹底してオリパラに背を向けようと変な覚悟を決めました。

もちろん背を向けるだけではいけません。この大騒ぎイベントが終わったら、きっちり戦後処理、いや敗戦後処理をしていただかなくては。まずは秋に予定されている衆議院議員選挙ですね。私は今日のこの「うんざり感」を長く心に留めておきたいと思います。

f:id:QianChong:20210723084050j:plain