読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

テープ起こしソフト

  音声や映像などの一次資料をとりあえずテープ起こし(すでにテープじゃなくてデジタルデータですが)するとき、WordなどのワープロソフトとWindows Media Playerなどの再生ソフトとの間をマウスで行ったり来たりするのは面倒くさいですよね。
  その昔、本当にテープを起こしていたころはソニーのテープ起こし専用機を使っていました。これはフットスイッチがついていて、両手をキーボードから離すことなくどんどん起こしていけるのでとても快適でした。
  この環境をパソコンの画面上で再現できるフリーソフトが「Okoshiyasu2」です。
  http://www12.plala.or.jp/mojo/
  好きなキーに「巻き戻し」や「一時停止&再生」などを設定でき、Wordなどのワープロソフトがアクティブになっている状態で操作が可能なので、両手をキーボードから離すことなくディクテーションを進めることができます。しかも昔のフットスイッチについていた、足を離すと設定した秒数だけ巻き戻してから再生してくれるような機能もついています。素晴らしい〜。開発された方に心より感謝申し上げます。
  XPにしか対応していないようですが、Vistaでも今のところ問題なく使えています。

追記

  いろいろ試してみて、キー設定は「一時停止&再生」をCapsLock、「巻き戻し」をAlt+←、「早送り」をAlt+→に設定しました。作業がさくさく進みます。……と、デジタルデータになっても「巻き戻し」とか「早送り」以上にしっくりくる言葉が見つかりません。