インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

「セイメイ」か「セ―メー」か

先日「はっ酵乳」という表記について書いたところ、サバねこ主義 (id:kgrapevine)さんからコメントを頂戴しました。「表記に関しては、メーカーごとに統一のルールがあるので、色々なクライアントの仕事をするコピーライターにとってはなかなかややこしいです」とのこと。なるほど、企業によって表記のこだわりはけっこうありますよね。

有名なところでは「キヤノン」や「シヤチハタ」の「ヤ」が拗音ではないとか、「ブリヂストン」が「ジ」ではなく「ヂ」を使い、「アヲハタ」が「オ」ではなく「ヲ」を使うとか。気になってネットを検索してみたら、こちらのような興味深い記事を見つけました。へええ、「キユーピー」の「ユ」も拗音ではないんですね。初めて知りました。

kw-note.com

かつて実務翻訳を仕事にしていたころは、コピーライターさんのように表記にきちんとこだわっていたかしら……と思い返してみましたが、どうもそういう場面には出くわさなかったように思います。でもたとえば中国語の原文に“佳能公司”とあったら、日本語の訳文では「キヤノン」と「ヤ」を拗音にしないというような配慮が必要なのかもしれません。もっとも昨今のインプットメソッドなら拗音を使って書いても「間違ってますよ」と指摘してくれるかな?

通訳訓練の一環としてアナウンス学校に通っていたときは、長音や連母音にとても敏感になっていました。日本語では同じ母音が連続するときに、音を引っ張って発音することが多く(長音)、また異なる母音が続くときも前の母音を引っ張って発音することがあります(連母音)。NHKのテキストで例文に出てきたのは、たとえば以下のようなものでした。

おかあさん(オカーサン)
経営委員会(ケーエーイインカイ)
移動性高気圧が(イドーセーコーキアツガ)
再生計画(サイセーケーカク)

いずれも「オカアサン」「ケイエイイインカイ」「イドウセイコウキアツ」「サイセイケイカク」と読むと、なんだかぎこちなく、かつ押し付けがましい感じに聞こえるんですよね。ただし、連続する母音の間に意味の切れ目がある場合とか、音を繰り返す擬態語などの場合は、母音を引っ張らないというのも教わりました。

里親(×サトーヤ)
安請け合い(×ヤスーケアイ)
あかあかと(×アカーカト)
おろおろと(×オローロト)

ところで、この件に関して昔から気になっていたのが、生命保険会社のCMにおける発音です。ずっと以前に、たまたまテレビで見かけた「明治安田生命」のCM、最後にこの社名をコールするナレーションが「メイジヤスダセイメイ」と聞こえて、心にひっかかったのです。自然に発音するなら「メージヤスダセーメー」のようになるんじゃないかと。

たとえばこれは六年くらい前の同社のCMですが、小泉今日子氏は最後の社名コールで「メイジヤスダセイメイ」と言っています。


いいなCM 明治安田生命 小泉今日子 片桐はいり うさりん&かめろん

最初に出てくるナレーターさんも、小泉氏よりはいくぶんソフトですが「メイジヤスダセイメイ」。ところが直近の同社CMでは、ちょっと気だるい感じのナレーションで「メージヤスダセーメー」と言っています。


歳の差兄弟「兄、父になる」篇 [30秒バージョン]

こうしてみると明治安田生命は自社名の発音について、俳優さんやナレーターさんの個性というかやり方にお任せしていて、キヤノンが「ヤ」の表記を拗音にしないというようなこだわりは特にお持ちではないのかもしれません。私個人は、社名があまりおしつけがましく聞こえるのはイメージ的にマイナスだから「メージヤスダセーメー」がいいかなあ、と思いますが。

こうなると他の生命保険会社はどうしてらっしゃるのか気になります。というわけで、YouTubeでいくつか検索してみました。「アクサ生命」はこのCMに出演している杏氏が「アクサセ―メー」と言っています。


アクサ生命 「娘の入学」杏

ところが同じアクサ生命で杏氏の出演している古いCMでは、ナレーターさんが「アクサセイメイ」と言っているのです。こちらもあまりこだわりはないのかもしれません。


杏 CM アクサ生命 「まるごとサポート」

住友生命も新旧に関わらず「スミトモセイメイ」だったり「スミトモセーメー」だったり。あまり傾向みたいなものは見えないですね。でも最後にひとつだけ気になったのは「東京海上日動あんしん生命」(長い!)です。なにせこちらは「あんしんセエメエ」という羊の執事がキャラクターなんですから。「セエメエ」ってくらいですから、絶対に「セイメイ」推しだと思って確認してみたら、案の定「♪あ〜んし〜んセイメイ」と歌っていました。


東京海上日動あんしん生命 CM がん保険 「がん診断保険R いつもの車窓から」篇 15秒

でも東京海上日動あんしん生命の最新のCMではナレーターさんが「セ―メー」と発音しているんですよね。


医療保険「ひとりひとりの生きるのそばに」篇【公式/東京海上日動あんしん生命公式CM】

まあ全体として、よりソフトに聞こえる「セ―メー」が選ばれつつあるということなのかもしれません。あまり説得力ないですけど。

f:id:QianChong:20110323171138j:plain:w300
https://www.tmn-anshin.co.jp/company/cm/seemee/