インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

しまじまの旅 たびたびの旅 28 ……庶民的な豪華客船

フィンランドヘルシンキから、スウェーデンストックホルムまで、船に乗りました。勤務している学校のスウェーデン人留学生から「楽しいですよ〜。食べ放題のビュッフェが有名なんです」とおすすめされたのです。日本では「食べ放題」の代名詞になっちゃった「バイキング料理」ですが、その「本家」が食べられるわけですね。

乗ったのはタリンクシリヤラインの「シンフォニー号」。見た目は豪華客船ですが、運賃からしても、船内の雰囲気からもしても、そしてお客さんたち(子供がやたら多いです。早めのイースター休暇かな?)の超カジュアルないでたちからしても(失礼)、なんかこう、とても庶民的な雰囲気。

f:id:QianChong:20180323152935j:plain
f:id:QianChong:20180323153952j:plain
さりげなく「ムーミン推し」。

f:id:QianChong:20180323164027j:plain

船室もコンパクトでシャワーもついているし、大きな船だからほとんど揺れないし、とても快適でした。

f:id:QianChong:20180323154545j:plain

予約の関係で、乗船後すぐにビュッフェ開始。ちょっと落ち着きませんが。

f:id:QianChong:20180323172320j:plain
f:id:QianChong:20180323165653j:plain
西日がすごい〜。

スモークサーモンは肉厚で柔らかくて、さすがにおいしいと思いました。ほかは……まあ普通のビュッフェですね。でも品数はとても多いですし、量もたっぷり用意されています。デザートやチーズもたっぷり。ビールやワインやソフトドリンクも飲み放題。お若い方は狂喜乱舞するんじゃないかしら。ただ私は情けないことに食が細くなってる中高年ですので、すぐ満腹になってしまいました。もう「放題」は卒業して、「いいものをちょっとだけ」的スノッブなオジサンを目指したいところです。

f:id:QianChong:20180323174717j:plain
f:id:QianChong:20180323172404j:plain

上のこの写真だと、とても落ち着いた船内に見えますが、実際にはかなり騒々しかったです。食べ放題で大人たちの「食べ散らかしっぷり」がすごいのは洋の東西を問わないんだなと思いました。あと、お子ちゃまたちの「はしゃぎっぷり」も半端ありません。まあ、こういう客船に乗ったら絶対に興奮しますよね。お子ちゃまたちは見渡す限り、みんな上品なスモークサーモンやオードブル系には見向きもせず、ソーセージとミートボールとフライドポテトを山盛りにして食べてるのがカワイイです。あと最初からアイスクリームとか。

f:id:QianChong:20180323175401j:plain

食後には、お子ちゃまたちにだけ、ムーミンの「ぬりえセット」みたいなのが配られていました。いいな〜。

ダンスショーやライブもあちこちでやってます。鑑賞は無料ですが、飲み物食べ物は別料金。ステージはABBAなんかやっちゃったりして、キャッチーでダンサブルなナンバーが目白押しの「濃ゆい」内容でした。ひとりでギターを弾いていたお兄さんは、フットスイッチを巧みに使い、自分の声を数度上げ下げして「ハモり」状態を作っていて、すごく上手です。ああいうエフェクト装置があるんですね。

f:id:QianChong:20180323204947j:plain
f:id:QianChong:20180323212827j:plain

外は流氷の浮くバルト海。寒いのでデッキにはほとんど出ませんでしたが、夕日がとてもきれいでした。

f:id:QianChong:20180324062549j:plain
f:id:QianChong:20180323180603j:plain