インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 94 …日文芬訳の練習・その26

先日ブログに書いた内容を、フィンランド語の作文にしてみました。先生によると、フィンランド語で「さっぱりわからない」ことの代名詞がヘブライ語なのは、たぶんフランス語からの影響ではないかとのことでした。

qianchong.hatenablog.com

「さっぱりわからない」ことを英語でなんと言うでしょうか。答えのひとつは「ギリシャ語みたい(It's Greek to me!)」です。この図によると、多くのヨーロッパの言語では「中国語みたい」と言うそうです。中国語や中国文明は、おそらく欧州から見るととてもエキゾチックなのでしょう。いくつかの北欧言語、たとえばノルウェー語やスウェーデン語では、英語同様に「ギリシャ語みたい」だそうですが、フィンランド語では「ヘブライ語」だそうです。とても興味深いです。


Miten sanotaan “En voi ymmärtää ollenkaan, mitä sinä sanot.”englanniksi? Yksi vastauksista on “It's Greek to me! (Se on kreikkaa minulle!)”, tässä kreikan kieli merkitsisi vaikeuksia. Tämän kaavion mukaan monilla Euroopan kielillä sanotaan “Se on kiinaa minulle”. Kiinan kieli ja kiinan kulttuuri ovat mahdollisesti niin eksoottisia eurooppalaisille. Useilla pohjoismaisilla kielillä, esimerkiksi norjalla tai ruotsilla, kreikka myös merkitsisi vaikeuksia kuten englanniksi, mutta suomeksi se on “Heprea”. Olen erittäin kiinnostunut siitä.


f:id:QianChong:20210403151506j:plain