インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

我E給你吧!

  これはもう調べなくても「はは〜ん」と分かる。「メールするよ」ということだ。
  この“E”、あちこちで多用されているけれど、私はあんまり好きじゃない。「好きじゃない」ったって、現地の人たちが使ってるんだから私がああだこうだ言ってもせんないことなのだが、よく目にする“我的E政府”など、なんだかこっちが気恥ずかしくて。あの悪名高い「E電」の記憶があるからかな?