インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 116 …日文芬訳の練習・その40

最後の「タンペレの工房(くんだり)まで持っていかなきゃならない」という部分で、眼鏡のフレームを表す代名詞を最初“se”と書いて、「いや、フレームひとつだから対格か」と思い直して“sen”にしたんですけど、“minun pitäisi”で主語と動詞が連動していないので目的語は原形にもどって“se”と直されました。これ以外は添削なしだったので惜しかったです。ただ眼鏡は複数名詞なので、この“se”も正確には複数の“ne”になるそうです。

昨年、フィンランド製の新しい眼鏡を買いました。フレームは合板、つまり木でできていて、「つる」を折りたたむための「ヒンジ」がありません。このメーカーのフレームはすべて手作りで、私の場合は注文してから二ヶ月もかかって届きました。とても気に入っていますが、日本の代理店がコロナ禍で閉店してしまったので心配です。万一フレームが壊れたらタンペレの工房まで持っていかなければなりませんから。


Minä ostin uudet suomalaiset silmälasit viime vuonna. Kehys on tehty vanerista eli puusta, ja siinä ei ole saranoita, jotka taivuttaisivat aisaa. Kaikki tämän valmistajan kehykset ovat käsintehtyjä, ja omani saapui kaksi kuukautta tilaukseni jälkeen. Rakastan niitä kovasti, mutta minulla on huolta, koska Japanin myyntikonttori oli suljettu koronaepidemian vuoksi. Jos kehys menisi rikki, minun pitäisi viedä ne Tampereen työpajalle asti.


f:id:QianChong:20200215082239j:plain