インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

復活のシンフォニア

  吹奏楽をやっていた人にはお馴染みの作曲家・ネリベルの作品集。
  『二つの交響的断章』という曲が収められていて、これはもう聴いていてワクワクし通し。1960年代の作曲だそうだが、このスペクタクルな雰囲気は当時の時代背景が影響しているのだろうか。今ではこうした実験的な曲は大向こう受けしないかも知れない。
  原題は“Two Symphonic Movements, for band”というのだが、“Movement”を「断章」と訳したのが素晴らしい。なんかこう、この曲にぴったりの「危機的状況!」という感じがいや増すではないか(笑)。