インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

BS世界のドキュメンタリー『毛沢東』

  先週、四回シリーズでやっていてぜひとも見たかったのだが、深夜の放送ということでとてもそんな暇はなく、あきらめた。同僚の先生が録画したそうなので、今度見せてもらうつもり。
  NHKの番組サイトに、第三回目の解説としてこんなことが書いてあった。

担当者メモ:
本作で劉少奇の娘・劉亭亭は、母が批判集会に呼び出されたときの様子などを語っています。劉少奇夫人は贅沢だという攻撃をかわしつつ、おしゃれをするためにピンポン玉に糸を通したネックレスをかけていたと言います。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/070406.html

  え? そんなわきゃないと思うけどなあ。“批斗”のために、紅衛兵が作ってかけさせたんじゃないの。