インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

蒸留酒修行その2

  硬派に読めてその実やわらかい文体の酔漢さんに敬意を表して、今日は敬体です。
  先日、蒸留酒ばかり七種類を当てる利き酒ゲームに参加しました。
  コニャック
  アルマニャック
  マール
  カルバドス
  ラム
  スコッチウイスキー
  グラッパ
  ……が並べられて、どれがどれだかを当てるという趣向です。
  利き酒といってもアルコール度数の高い蒸留酒なので、口に含んだら最後、何も分からなくなってしまいます。だもんで、外見と香りだけで判断。
  透明なグラッパ*1以外はみんな似たような琥珀色です。ということは、グラッパは利き酒以前に外見でわかります。
  マールはグラッパ同様に葡萄の絞りかすを利用したお酒なので、香りが一緒。
  スコッチウイスキーはピート(泥炭)の香りがします。といってもスコットランドでピートの燃える匂いなど嗅いだことはありませんが、まあおなじみの香りです。
  カルバドスはリンゴやナシが原料なので、本当にリンゴの香りがします。こないだ恵比寿のバーで「修行」したかいがありました。
  ラムはよくわかりません。アイスクリームのラムレーズンをイメージするくらいでしょうか。
  残ったのはコニャックとアルマニャック。ほとんど勘で当てるしかありませんが、なんとなくコニャックの方がお上品で繊細な感じがします。
  以上のような消去法で、なんと全部当たりました。
  ううむ、ワインは品種をことごとくはずすというのに、蒸留酒におけるこの破竹の勢い。
  将来はソムリエより、バーテンダーを目指した方がよさそうです*2

*1:琥珀色のグラッパもあります。

*2:どっちも目指しませんが。