読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

男性がご飯を作ることについて

先日、Gunosyさんが紹介してくれたこちらの記事。

女性がご飯を作らないこと、あるいは男性が作っていることに対して「嫌悪」を示す男性(主に男性、時に女性も)についてのエントリです。

「男は家事をしないもの、女は家事をするべき」という観念に1ミリの疑問や自省すら抱いていない人達に対して、こう書かれています。

ちなみに私とパートナーはお互いがこんなステレオタイプに嵌まれない感じなので「私がこうだから女はこう」とか「俺がこうだから男はこう」みたいな「主語を大きく」したり「偏狭な一般化」はできないタイプです。そしてそういうジェンダー的な視点に常に「それは女(男)がそうなんじゃなくておまえがそうなんだよ!」とツッこみを入れています。
女性がゴハンを作らない話をすると嫌がる男性 - ハート♥剛毛系

ほんと、そうだよ。諸手を挙げて大賛成。LGBTや外国人に対するステロタイプ化も同断なんですけど、なぜ世界が自分を中心に回っていると考えるのかな。「それは女(男)がそうなんじゃなくておまえがそうなんだよ!」というツッコミ、これから私も使わせていただきます。

今日は今日で、こんなエントリを読みました。

日本の男性、仕事しすぎで家事しなさすぎ!/ニートのフランス滞在記⑩ - コウモリの世界の図解

ここに紹介されているOECDの発表データからしても、日本の男性はあまり家事をしないみたいですね。

うちも共稼ぎなので家事は分担していて、細君が掃除と洗濯して干すまで、在宅の割合が多い私が買い物と炊事と後かたづけと洗濯物の取り込みをやっています。特に炊事は、細君があまり好きではない一方で私は大好きなので、自然にこういう形に。

それでもよく「オクさんゴハン作らないの? ええ〜、それは……」みたいな反応に接します。世の中には一定程度の割合で、女性が炊事をしないことに対する違和感があるみたいです。でも私は、ハッキリ言ってこんな楽しいことを細君に渡したくないです。

前にも書いたけど、よしながふみ氏のマンガ『きのう何食べた?』で、主人公の弁護士・筧史朗がこんなことを言うんですね。

うーーん
仕事で案件をひとつキレイに落着させたくらいの充実感を一日に一回も味わえるなんて
夕飯作りって偉大だよ

これもほんと、その通りです。

ところで、男性がご飯を作ることに対して、女性の側にもまだまだステロタイプな見方をしている人が多いなというのは時々感じます。私はよく女性に「料理するの? 何料理が得意? やっぱり中華とか?」と聞かれます。あるいは「へええ、すごいね。いろいろと凝った料理を作るんだろうね」。この無邪気な質問、そのベースには「男性がご飯を作るというのは、やはり『男の料理』的ホビーでやってるに違いない」という思い込みがあるような気がするんですけどね。