インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 133 …三人称命令形

新しい文法項目として、三人称の命令形が出てきました。これまでには二人称の命令形を学んでいます。「命令」するときは、まず多くの場合、向かい合っている「あなた(単数)/あなたたち(複数)」に対して行うわけで、だから二人称なんですね。例えば“lukea(読む)”なら……

  肯定形 否定形
単数 Lue!(あなたが)読め! Älä lue! 読むな!
複数 Luekaa!(あなたたちが)読め! Älkää lukeko! 読むな!

それから一人称の命令形というのもあるそうです。これは複数のみで、命令というより「〜しようよ」とか「〜しましょう」というニュアンスになります。

  肯定形 否定形
複数 Luekaamme!(私たちは)読みましょう! Älkäämme lukeko!(わたしたちは)読まないでおきましょう!

「〜しましょう」ということでは、以前に学んだ受動態でも言えるのでした。“Luetaan!(読みましょう!)”。先生によれば、一人称命令形も受動態もまったく同じ意味ですが、どちらかというと受動態のほうが多く使われ、一人称命令形はやや硬い表現になるそうです。

Unohtakaamme tämä asia!
このことを忘れましょう!

「私たちはこのことを忘れる」という普通の文なら“(Me) unohdamme tämän asian.”と主語と動詞が連動していて目的語は対格になりますが、“Unohtakaamme tämä asia!”は主語と動詞が連動しないので目的語が原型に戻っています。ただし否定文では原則通り目的語は分格になります。

Älkäämme unohtako tätä asiaa!
このことを忘れないでおきましょう!

そして三人称の命令形です。私でもあなたでもなく、誰々に命令するというのはなんとなくイメージしにくいですが、要するに話し手と聞き手以外の誰かに「〜させよう」「〜してもらおう」という表現のようですね。作り方は比較的簡単で、二人称複数の命令形でつけていた語尾“kaa/kää”を“koon/köön”にするだけです。これが単数の場合。複数は“koot/kööt”をつけます。否定は“Älköön/Älkööt”。

  肯定形 否定形
単数 Lukekoon!(誰々に)読ませよう! Älköön lukeko! 読ませないようにしよう!
複数 Lukekoot!(誰々たちに)読ませよう! Älkööt lukeko! 読ませないようにしよう!

参考書にはこんな例文が載っていました。

Minulla on kiire. Käyköön Liisa asemalla.
私は忙しい。リーサに駅に行ってきてもらおう。
Lapset älkööt leikkikö, vaan siivotkoot huoneensa.
子どもたちに遊ぶのをやめさせて、部屋を掃除させよう。
フィンランド語文法ハンドブック』321ページ

なるほど。先生によると、この三人称命令形は熟語的に使われるものも多いそうです。

Onneksi olkoon!
幸せでいなさい!→おめでとう!
Eläköön Suomi!
フィンランドよ、生きろ!→フィンランド万歳!

それから先生は、フィンランドの歴史家で詩人のアルヴィドソン(Adolf Ivar Arwidsson/1791―1858)の言葉も紹介してくださいました。1809年に、フィンランドが長きにわたったスウェーデンの統治から離れてロシアに併合されたあとの言葉のようです。

Ruotsalaisia emme enää ole, venäläisiksi emme halua tulla, olkaamme siis suomalaisia.
もはやスウェーデン人ではなく、ロシア人にもなりたくない。私たちはフィンランド人になろう。

f:id:QianChong:20190815035929j:plain