インタプリタかなくぎ流

いつか役に立つことがあるかもしれません。

台湾旅行記

しまじまの旅 たびたびの旅 11 ……岡山

せっかく高雄まで来たので、十数年前に住んでいた岡山の街にも行ってみました。高雄からうっかり急行の「自強号」に乗ってしまい、一気に台南まで行っちゃったので、また各駅停車で岡山に戻ります。高雄の駅前はずいぶん変わっていましたが、岡山……ほとんど…

しまじまの旅 たびたびの旅 10 ……港園の牛肉麺

台湾南部の列車を延々乗り継いで、太平洋側から台湾海峡側にぐるっと回り込んできました。屏東が近づくにつれ、車窓は見渡す限りのビンロウ(檳榔)畑です。ビンロウはその種子を嗜好品として噛む文化があって、台湾で仕事をしていたときは現場のおっちゃん…

しまじまの旅 たびたびの旅 9 ……「ひも式」降車ベル

この旅は主に台湾鉄道の各駅停車を使って、ゆっくりのんびり、なかば無計画に台湾を一周する心づもりでした。台湾は島全体がちょうど日本の九州ほどの大きさで、こういう旅行が比較的気軽にでき、旅行中にも「歩いて台湾一周チャレンジ中!」みたいなカード…

しまじまの旅 たびたびの旅 8 ……豆皮と池上弁当

池上の水田の近くで静かな一夜を過ごした後、朝ご飯を食べに「大池豆皮店」に行きました。宿から歩いて数分。駅前でこの宿を管理しているカフェの若いスタッフが「も〜絶対におすすめ! ぜひぜひ!」と絶賛していたお店です。商店街からは遠く離れた、住宅街…

しまじまの旅 たびたびの旅 7 ……そして誰もいなくなった

花蓮からまた各駅停車の電車に乗って、今夜はどこに泊まろうかしらと思っていたら、車内の乗客がどんどん減っていき、「玉里」という駅のあたりでついに私一人になってしまいました。窓の外には水田が広がっています。そうそう、この先にお米の産地として有…

しまじまの旅 たびたびの旅 6 ……肉圓と鵝肉と麻糬

各駅停車で花蓮までやってきて、次の南下する各駅停車の発車までちょっと時間があったので、雨の中、花蓮の街をぶらぶらしました。とはいえ市の中心部まで行くほどの時間はなく、駅近くの住宅街を歩き、人の家の裏庭のようなところを通り抜け、線路のガード…

しまじまの旅 たびたびの旅 5 ……羅東の肉羹

台湾の東海岸を南下して、宜蘭の街をぶらぶらしたあと、三つ先の「羅東」駅で降りました。Airbnbで見つけた宿がこの駅の近くだったからです。特に観光地というわけでもなく、駅前もいたって普通のたたずまい。着いてから知ったんですけど、この羅東は大きな…

しまじまの旅 たびたびの旅 4 ……福隆弁当

各駅停車で宜蘭へ向かう途中、弁当で有名な福隆で下車してみました。もともとは駅のホームで売っていた駅弁らしいですけど、今は駅前に何軒もお弁当屋さんが並んでいて、それぞれの味を競っているらしいです。一番手前にあるお店で買い求めました。観光シー…

しまじまの旅 たびたびの旅 3 ……八斗子

十数年前、台湾に住んでいた頃に見たMV(ミュージックビデオ)の一場面が、なぜか心に残っていました。楊家成(ジェレミー・ヤン)という華人歌手*1の歌う『妳的理由』という曲のMVです。楊家成 - 妳的理由 (官方版MV)この背景にぽつんと浮かんでいる小島は…

しまじまの旅 たびたびの旅 2 ……栄養サンドイッチ

基隆に行くんですけど、おすすめの食べ物はありますか? ……と台湾の留学生に聞いたら、多くの人が推薦してくれたのが“營養三明治(栄養サンドイッチ)”でした。泊まった旅館がちょうど廟口夜市のそばで、その屋台も夜市の中にありました。ちなみにこの夜市、…

しまじまの旅 たびたびの旅 1 ……基隆港の地標

台湾北部の港町、基隆*1。観光写真によく写っている「KEELUNG」の文字が、以前から気になっていました。ハリウッドサインみたいですよね。2015.7.31 基隆港 KEELUNG 地標台湾へ行ったらぜひアレを間近で見てみたい。というわけで昨年の春に出かけてきました…

台北の「蚵仔麵線」三選

とはいえ、別に食べ歩きを極めた末の「ベスト3」などというわけではありません。たまたま年末に台北へ行って、立ち寄ったお店のうち、おいしいな~と思ったものを備忘録的に。「蚵仔麵線*1」は台湾の庶民的な食べ物で、小ぶりの牡蠣*2が具に入った、とろみ…

台灣的手工精釀啤酒蓬勃發展。

近幾年來台灣的手工精釀啤酒蓬勃發展,價格雖然沒有那麼划算(其實與日本沒有兩樣),但其豐富多彩的味道,真讓人回味不窮。台北有家「掌門精釀啤酒」的店,這邊能享受到二十來種不同的啤酒風格。 www.facebook.com

這本書拆封了就不能退。

回國前一天在台北書店裡偶然發現這個「覆面書」,類似於曾經在日本風靡一時的「文庫X」活動。其中對這一包上推薦文感動有趣,就買下來了(店員對我提醒說這本書拆封了就不能退)。回去旅店打開紙包,從中出來的就是這一本(好像還沒出日文版)。我在回程班機…

四周一個人影都沒有。

四周一個人影都沒有。這對平時嫌擁擠車廂提前兩個小時上班的我而言,是個無與倫比的享受。 小巷裡也看不到人影。當然這只不過是外邊太悶熱而已……。

參加了浮潛一日遊。

參加了澎湖當地旅行社的浮潛一日遊,除了看珊瑚礁之外,還去了只有退潮時才可上岸的無人島觀察海生動物,整天玩個痛快。聽說這家目前唯一獲准登島的,教練都是體貼有禮貌富有專業精神的陽光男孩們。行程裡有很多活動(不參加一直浮潛也可),值得猛推。 珊瑚…

海膽+雞蛋的黃金組合。

澎湖跨海大橋一過不久就有小門嶼,在偶然遇到的餐廳吃個午飯。因為獨自旅遊吃不了那麼多菜,只點了小管乾滷肉飯和海膽炒蛋。前者把小管和豆腐乾作為「滷肉」一點也不油膩,還有後者看上去跟一般炒蛋一模一樣,但不可小看這個海膽+雞蛋的黃金組合,其實食材…

能夠釋放自己心理壓力的理想鄉。

十幾年前看了一本《台灣離島與燈塔》的書,我就迷上了邊疆的魅力。邊疆最大的魅力就是在於「幾乎沒有人影」,這對平時在大都市生活,天天在擁擠的車廂裡快窒息的工薪族來講能夠釋放自己心理壓力的理想鄉(雖然交通太不方便、冬天太冷夏天太熱、沒有商店可買…

能夠享受拉普達人般的心情。

北竿芹壁是馬祖唯一完整地保存著傳統閩東式建築的聚落,有人說這裡就像希臘愛琴海小島上的建築,但我一看到這裡就回想起動畫片天空之城來了。這裡目前以「聚落保存、老屋再生」和「閒置空間再利用」的方針積極投入資源,除了有幾家餐廳咖啡館之外,還有幾家…

聽說他大學畢業之後中了金馬獎。

芹壁民居的石壁上有種種口號。除了爭取最後勝利之外,軍民合作、光復大陸、解放大陸同胞等,還有檢肅匪諜。可見互罵共匪蔣匪時代的氣氛多麼的「臨戰」。不過昨天在璧山軍營門口與我聊天的士兵先生(聽說他大學畢業之後中了金馬獎)說,與金門相比馬祖離大陸…

遠近馳名的鼎邊糊。

南竿獅子市場因目前進行改建,各家攤位臨時搬到附近馬路邊上。我並不知道這個消息,在馬路上走來走去才找到了遠近馳名的鼎邊糊。像粥,像餛飩,又像麵羹,但還是跟哪個都不相似,尤其是鮮魚肉優質的脂肪給這道小吃增添了獨一無二的風格。另外[虫弟]餅、蛋餅…

森田一義先生一定會興奮不已的。

馬祖最大的地下碼頭北海坑道擁有一股難以形容的氣氛。用人手和炸藥挖掘而成的洞壁上還能看到填裝炸藥的小孔,使人感到恐怖的同時也能想像到對抗敵軍時的恐懼和某種瘋狂。搖櫓船的導遊先生給我們說明時多用花崗岩玄武岩歐亞板塊等詞彙,相信「地質迷」的森田…

他們會如何看待這個枕戈待旦的據點。

大漢據點的高砲陣地牆上除了射程和敵艦識別的圖示之外還寫著「三不打」的警語,這就是反映出孫子所言不戰而屈人之兵的實踐,還是只不過是要避免浪費資源而已?門口有位美術系學生在寫生,他跟我聊天後透露:有了小三通後來這邊玩的大陸遊客人數飆升,我不由…

氣氛屬於相當相當「庶民的」的那種。

在捷運中山站附近的小巷裡,發現由兩位女士開著這個小小的甜點攤位,覺得好可愛。我好羨慕台北街上還會有年輕人能夠自由發揮才華的空間,若是在日本,開了就警察或者愛嘮叨挑剔的鄰居歐巴桑或者要求拜碼頭的可怕歐吉桑等人會趕過來……。→嚐不住話 旅遊最後一…

也許穿著打扮不一樣吧。

新年度即將開始,我到龍山寺供花點香參拜後擲筊問事,問的是:新年度的生活是否風調雨順? 結果連續三次都是「聖杯」,感謝神明向我露出笑容。而且抽籤也得到了大吉,在上面寫著:凡事遇貴則吉。其實對新年度的工作我心情有點忐忑不安,但得到了這些,心裡壓…

這就是眼福。

臨近臺中車站的「宮原眼科」要吃冰激淋,選擇「2球+升級聖代」後出來的就是這麼個豪華得令中年男人拿起來感到有點害羞的玩藝。 一般來講台灣人很熱情好客,對外國遊客也溫馨周到。但不管年紀大小還是會有一些不夠敬業精神的服務員。特別是在我講國語時有些人…

深深地感受到中文「你怎麼這麼機車!」的內涵。

風櫃的尾端是名叫蛇頭山的岬角,雖然隔著狹窄的水道與澎湖最大繁華街馬公市區近在咫尺,但那邊是一片樓房,這邊連一間漁具小屋都沒有。不過荷蘭人曾經在這裡建造過要塞,隨後法・日兩國也進軍了。如今岬角上分別有罹患疫病死亡的法國士兵以及戰艦松島號爆炸…

騎著腳踏車到風櫃去。

騎著腳踏車到風櫃去。侯孝賢導演的《風櫃來的人》就是在這個馬公市區對岸的小鎮(和高雄市)拍攝的。民宿老闆說:現在的風櫃與拍攝當時相比變化太大了。但我還是能感受到那部電影裡頭的一種寧靜悠閒,且帶有一點點壓抑的氣氛。

民宿周圍什麼都沒有。

渴望再吃一碗高雄永康街劉易記的牛肉刀削拌麵,但真不巧今天是公休日。那麼第二選擇就是港園的牛肉拌麵了〜美味依舊。 我以前住在這棟裡,看起來幾乎都沒變,但岡山火車站附近竟然有了得來速星的巴克,還是令人感到一點隔世之感。 來到了澎湖,天啊,很美〜…

豆豆豆漿包皮店。

靜靜鄉村小巷中有家豆皮小工廠,一份四片的香煎豆包是把豆皮折疊起來後煎的,有點像「薄揚げ」,但其口感和香味就有天壤之別。再點豆漿時老闆娘說:我們家的豆花也特別好吃,有人說全球第一。結果我一大早就享受了一套黃豆全席。