インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

2007-12-24から1日間の記事一覧

欧州では「負け犬の死」

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1071809.html 日本人はなぜ『フランダースの犬』に感動するのかを検証したドキュメンタリー映画があるのだそうだ。あのアニメには私も泣いたなあ。今見ても泣ける。 アントワープ大聖堂で、ルーベンスの絵を見上げ…

傾鈴筐啷

九九という人の『跌倒的小䖝人』という短編集に、デイパックの中身を地面にぶちまける音としてこんな表現が出てくる。 我乾脆把包包裡的東西都倒出來,傾鈴筐啷掉滿地…… “傾鈴筐啷”(チンリンクァンラン)? 一瞬「ロバのパン」を連想したけれども、あれは「…

英語を学ぶ人・教える人のために―「話せる」のメカニズム

第二言語習得研究の入門書。とても分かりやすい。これまでの研究で明らかにされたこと、まだ分かっていないことがハッキリ示され、その上で、現時点でこれらの研究成果を踏まえた学び方や教え方があるとすればどんなものかを解説する。 なかでも、文法の習得…