インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

ふたたび「外食の味が濃すぎてつらい」

ふだん仕事に出ている時のお昼ごはん、以前はたいてい簡単なお弁当を作っていましたが、最近は少々忙しくて職場付近の外食で済ませることも多いです。……が、以前にも書いたように、東京の外食はおしなべて味が濃く、塩辛くて、本当につらい。それで近くにある「丸亀製麺」さんに行って、自分で味を調節することができる「釜玉」や「釜揚げ」ばかり食べています。

qianchong.hatenablog.com
qianchong.hatenablog.com

それでもたまには汁物のうどんも食べたくなるので「かけ」など頼むのですが、やっぱり塩辛くてそのたびに後悔します。仕方がないからコップの水を足したりしているんですが、先日は何を血迷ったかこの時期のおすすめという「玉子あんかけ」を注文してしまいました(寒かったから……)。そしたらこれがもう塩辛くて塩辛くて。あんかけだから水を足すのも何となく気が引けて、結局ガマンして食べました。あああ、塩辛さで眉間の奥あたりにジーンと痛みを感じます。

関西などで見かける、あのお出汁が「しゅんでる」薄味のおうどんが食べたいなあ。丸亀製麺さんには給水器があるんですけど、せめてあれをオフィスなどでもよく見かける温冷両方出る給水器にしてくれないかなあ。そうしたら「かけ」出汁も「釜揚げ」のつゆも少し薄めることができるのに。

というわけで、その日丸亀製麺で食べた時に卓上においてあった、このアンケートに答えて、最後の自由記述欄に上記のような意見を書いておきました。関東における外食チェーンだから、私のような意見が採用される望みはまずないと思いますけど、知人や友人に聞いてみたら外食の味の濃さに辟易している方は結構いるので、他にもそういう声が届いていることを祈ろうと思います。

f:id:QianChong:20191113112940j:plain:w300

ま、あとはお湯を入れたマイボトルを持参するか……ですね。ほんと、外食産業のみなさん、もう少し、ほんのもう少しでいいので、味を薄くしてほしいです。お願い。