インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 37 …現在完了形

前回、過去形の否定で「過去分詞」を学びましたが、この過去分詞を使って「現在完了形」を表現することができます。過去形の否定は「否定辞(en〜eivät)+過去分詞」でしたが、現在完了形は「olla動詞+過去分詞」です。

■現在完了形の肯定

Minä olen
Sinä olet   +過去分詞(単数)
Hän on

Me olemme
Te olette   +過去分詞(複数)
He ovat

■現在完了形の否定

Minä en ole
Sinä et ole   +過去分詞(単数)
Hän ei ole

Me emme ole
Te ette ole   +過去分詞(複数)
He eivät ole

現在完了形は「(現在までの)継続」のほかに「(過去の)経験」も表すそうです。これは何となく過去形と混同しそうな雰囲気がありますね。

Minä olen opiskellut kaksi vuotta suomea.
私は二年フィンランド語を勉強しています(継続)。
※過去の一時期勉強したことがある場合には過去完了形を使うそうです。
Me olemme opiskelleet kaksi vuotta suomea.
私たちは二年フィンランド語を勉強しています(継続)。


Minä olen käynyt Suomessa monta kertaa.
私たちはフィンランドを何度も訪れたことがあります(経験)。
Me olemme käyneet Suomessa monta kertaa.
私たちはフィンランドを何度も訪れたことがあります(経験)。

過去分詞は「kpt」の変化がないので比較的簡単ですが、いざ作文しようとすると目的語の格をきちんと変化させるのがやはり難しいです。

Minä olen lukenut tämän kirjan kolme kertaa.
私はこの本を三回読んだことがあります。
※ lukea は k が消えるなどの面倒な変化がありませんが、目的語は「この(一冊の)本」ということで、tämä kirja を属格にしなければなりません。


Minä en ole lukenut tätä kirjaa.
私はこの本を読んだことがありません。
※否定文なので、目的語の tämä kirja を分格にしなければなりません。

また日本語で「風邪を引きました」とか「治りました」などというと、つい過去形で言いたくなってしまいますが、これらは「風邪を引いている状態の継続」や「治った状態の継続」と捉えて現在完了形で表現されるそうです。

(Minä) olen vilustunut.
風邪を引きました。


(Minä) olen parantunut.
治りました。

f:id:QianChong:20180324075928j:plain

Kuinka paljon sinä olet opiskellut suomea ?
Minä olen opiskellut suomea noin puolitoista vuotta.