インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

しまじまの旅 たびたびの旅 85 ……旦過市場

北九州市小倉北区の「旦過(たんが)市場」に行ってきました。ふだん人混みは苦手だといいながら、こういう古くからの市場を見て回るのは国内外を問わず大好きです。

f:id:QianChong:20181229142056j:plain
f:id:QianChong:20181229142202j:plain

魚介類が新鮮です。年末で、マグロとブリとフグばかりが目立つ印象ですが。間口が1.5mくらいしかないんじゃないかと思われるお店で、フグを大皿一皿分引いてもらいました。

f:id:QianChong:20181230181439j:plain

昔はこういうお店に頼むと、陶器の大皿を貸してくださったもので、子供の頃に「菊盛り」された大皿を受け取るためにお使いに出された記憶があります。いまはもうプラスチックの大皿で風情が半減ですが。

f:id:QianChong:20181229140821j:plain

旦過市場には鯨肉の専門店がいくつかあります。いろいろ珍しい部位があるのですが、鯨ベーコンと「おばいけ(皮下脂肪。酢味噌で食べると美味しいです)」を買いました。

f:id:QianChong:20181230181459j:plain

お正月の食材もたくさん売られています。

f:id:QianChong:20181229142021j:plain
f:id:QianChong:20181229142249j:plain
f:id:QianChong:20181229142245j:plain
f:id:QianChong:20181229142516j:plain

北九州の商店街は、地方都市の例に漏れずどこもいささか寂しい雰囲気になってしまいましたが、旦過市場は、特に年末のここは、まだ活気にあふれています。この雑多な雰囲気のまま今後も残り続けてほしいです。

f:id:QianChong:20181229142847j:plain