インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

チョップドサラダ

先日の夜八時半頃、トレーニングの帰りに何やら怪しげなお店の前を通りかかりました。

f:id:QianChong:20181128083508j:plain
https://www.crisp.co.jp/

飲食店みたいですけど、かなり無機質な空間。表にあった小さな立て看板によると、サラダのみを作って販売しているお店のようです。うちでは私が炊事担当なんですが、その日は遅くなるので夕飯は「自力更生」でと細君に言ってあったので、ここで自分の晩ご飯を買って帰ろうと思い、入ってみました。店構えからしてちょっと勇気が要ります。

ここは「チョップドサラダ」の専門店なのでした。チョップドサラダというのは、数年前から流行している(らしい)サラダの一形態みたいですね。いまさらかよとツッコミが入るかもしれませんが。三年くらい前の記事がこちらにありました。

news.cookpad.com

要するに好きな食材を選んで、それを細かく刻んでもらって、ご飯やパスタのようにスプーンやフォークで食べるサラダと。しかも主食もおかずも全部これひとつにまとめちゃうという感じですね。食材を一からすべて選ぶこともできるようですが、最初なので定番の組み合わせになっているらしい「SIGNATURE SALADS」の中から「THE HIPSTER」というのを選んでみました。持ち帰りなのでドレッシングは別容器です。

f:id:QianChong:20181126211349j:plain:w300

ロメインレタス、グリルドチキン、フェタチーズ、セロリ、アップル、レーズン、ウォルナッツ、にバジルオニオンドレッシング。このサラダひとつで1330円もするので、ちょっとお高いな~と思ったのですが、帰宅して食べ始めて印象が変わりました。いやこれ、けっこうボリュームがあります。しかも全体が渾然一体となって、普通のサラダとはかなり違う感覚です。

全体をよく混ぜ合わせてしまうので、単一の味わいが続いて飽きるんじゃないかと思うも、かなり複雑な味が交錯して最後まで全然飽きませんでした。これはあれですね、きれいに盛り付けたどんぶりを食べる前にしっかり混ぜてしまうビビンパとか、骨付き鶏もも肉の骨を手で取り去ると有無を言わさず全体を混ぜられちゃう「ナイルレストラン」の定番メニュー、ムルギーランチと同じですね。

私はもともと全部を一緒くたに混ぜちゃう料理ってあまり好きじゃなかったんですけど、ビビンパなどしっかり混ぜれば混ぜるほど明らかにおいしい。このチョップドサラダも同じような気がします。あまりにおいしかったので、次の日に自分でまねして作ってみました。といっても適当なサラダ食材を全部包丁で細かく刻んで、適当なドレッシングを作って和えただけです。

f:id:QianChong:20181127193347j:plain:w300

以前からよく「コブサラダ」は作っていましたが、このチョップドサラダはもっと細かく刻むのがおいしさのコツみたい。その分あまり長持ちしそうにないので、お弁当などには向かないような気がしますが、これはしばらくヘビロテしそうです。