インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 5 ……三桁の数字と値段

先回99までの数字が言えるようになりました。そして100は「sata」です。

100 sata
101 satayksi
102 satakaksi
103 satakolme

110 satakymmenen
111 satakymmenenyksi

200は「kaksi sataa」。最後に「a」がついて「サター」と伸びます。あとはこのパターンで999まで行けます。

200 kaksisataa
300 kolmesataa
400 neljäsataa

999 yhdeksänsataayhdeksänkymmentäyhdeksän(長い!)

値段の表現

Kuinka paljon tämä maksaa?
これはいくらですか?

Tämä maksaa kaksisataakuusikymmentäviisi euroa viisikyummentä senttiä.
これは265ユーロ50セントします。

EU加盟国で通貨もユーロを使っているフィンランド
euro ユーロ
sentti セント
……ですが、文章に入るとそれぞれ「euroa」「senttia」と最後に「a」が加わります。

教室では物の値段を聴き取るリスニング練習をしましたが、いや、最初はなかなか一度で聴き取れません。この感覚……中国語でも味わったことがあります。懐かしいです。フィンランドでも日本と同じくお買い得感を演出するために「198ユーロ」とか「889ユーロ」などの値段が多いそう。

889.50€ Kahdeksansataakahdeksankymmentäyhdeksän euroa viisikymmentä senttia(長い!)

f:id:QianChong:20180323150542j:plain
Tämä maksaa neljä euroa.