インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

フィンランド語 2 ……olla動詞と人称変化

olla動詞(オッラ動詞)はA=B、つまり「〜は〜だ」とつなぐときの基本的な動詞だそうです。英語で言えばbe動詞みたいなものですか。これが人称に合わせて変化します。

●肯定形
(Minä) olen … 私は…です。
(Sinä) olet … あなたは…です。
Hän on … 彼/彼女は…です。

MinäとSinäがカッコ書きなのは、実際にはolla動詞が変化した“olen”か“olet”を言えば「私」か「あなた」かは自明なので省略されることもあるからとか。主語が消えちゃうというの、日本語とも似ています。

上記三つは「肯定形」ですが、このほか「否定形」、「疑問形」それに「否定疑問形」があります。

●否定形
(Minä) en ole … 私は…ではありません。
(Sinä) et ole … あなたは…ではありません。
Hän ei ole … 彼/彼女は…ではありません。

●疑問形
Olenko (minä) …? 私は…ですか?
Oletko (sinä) …? あなたは…ですか?
Onko hän …? 彼/彼女は…ですか?

●否定疑問形
Enkö (minä) ole …? 私は…ではないのですか?
Etkö (sinä) ole …? あなたは…ではないのですか?
Eikö hän ole …? 彼/彼女は…ではないのですか?

まずは人称代名詞とそれによって変化したolla動詞の組み合わせを覚えるということですね。なるほど。

Kuka sinä olet ? あなたは誰ですか?
Minä olen Kei Tokuhisa. 私は徳久圭です。
Minkämaalainen sinä olet ? あなたはどこの国の人ですか?
Minä olen japanilainen. 私は日本人です。

「kuka」は「誰」という疑問詞、また「minkä」は「どの」、「maa」は「国」、「lainen」は「人」で、「minkämaalainen」という長い言葉が「どこの国の人?」になるそうです。まるで中国語の「哪国人?」ですね。

f:id:QianChong:20180321150932j:plain