インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

しまじまの旅 たびたびの旅 17 ……嘉義の鶏肉飯

澎湖諸島の馬公から台湾本土の嘉義まで、またプロペラ機に乗りました。嘉義空港はこんな感じでとってもこぢんまりしています。

f:id:QianChong:20170324152816j:plain

嘉義といえば思い出すのは数年前に日本でも公開された映画『KANO』。街のロータリーには野球選手の像がありました。この像、ゆっくり回転しています。

f:id:QianChong:20170325084024j:plain

kano1931.com

嘉義の名物といえば何ですか? ……と嘉義出身の留学生に聞いてみたら「う〜ん、鶏肉飯っすかね」との回答を得ていたので、宿に荷物を置いてさっそく食べに行きました。

嘉義火雞肉飯 - 維基百科,自由的百科全書

まずはこちら、阿樓師火雞肉飯。人気店のようで、お客さんがひっきりなしにやってきます。

f:id:QianChong:20170324174409j:plain
f:id:QianChong:20170324173459j:plain

鶏肉飯(火鶏肉飯)はこんな感じのごくごく庶民的なたべもの。黄色いたくわんが一切れのっていたり、味噌汁があったり、何だかちょっと日本的な感じもあります。有名な滷肉飯に比べて、かなりあっさりしたお味です。ピータン豆腐も頼んでみましたが、これもごくごく普通の一皿。この飾らない感じがいいですねえ。

f:id:QianChong:20170324173622j:plain

「小碗」はご飯茶碗に軽く一杯という盛りなので、もう一軒はしごをしてみようとバイクを走らせました。

f:id:QianChong:20170324174542j:plain
ぶーん。

次は大通り沿いにあったこれもまた庶民的なたたずまいのお店、呆獅雞肉飯。創業五十年と壁に書いてあったので、入ってみました。

f:id:QianChong:20170324185144j:plain

こちらの鶏肉飯は筍の煮たのがのってます。紫菜(海苔)のスープも10元(約40円弱)とお安いです。

f:id:QianChong:20170324185015j:plain

いずれのお店も、鶏肉飯はそれだけしっかり食べるというよりは、ほかのおかずと一緒に「かっこむ」感じの気取らない料理だと思いました。

泊まった宿は、以前は何かの会社の事務所だったものをリノベーションしたらしいシンプルでこぢんまりとしたホテル。フロントのスタッフはとても親切で、嘉義郊外にある故宮博物院南院への行き方をネットの日本語ページを探してプリントアウトしてくれたり、街の散策に便利な電動バイクを無料で貸してくれたりしました。

f:id:QianChong:20170324190700j:plain
f:id:QianChong:20170325084639j:plain