インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

しまじまの旅 たびたびの旅 7 ……そして誰もいなくなった

花蓮からまた各駅停車の電車に乗って、今夜はどこに泊まろうかしらと思っていたら、車内の乗客がどんどん減っていき、「玉里」という駅のあたりでついに私一人になってしまいました。

f:id:QianChong:20170321144213j:plain

窓の外には水田が広がっています。そうそう、この先にお米の産地として有名な「池上」があるのでした。台東で一泊してもよかったのですが、せっかくならよりローカルな場所へということで、Airbnbで池上の宿を探したところ、若い人たちが駅前で経営しているというカフェを見つけました。そこで水田のそばにある宿を紹介してくれるとのこと。

f:id:QianChong:20170321160852j:plain

メールで連絡を取りつつ、そのカフェに行くと、すぐに宿まで車で送ってくれました。この日もどんより曇っていたのですが、自転車に乗るなら貸しますよとのことで、おすすめに従い、池上米の産地である水田をサイクリングしました。私はあまり知らなかったのですが、ここ池上は夏のシーズンなどは観光客も比較的多いようで、サイクリングロードもきちんと整備されていました。

f:id:QianChong:20170321160337j:plain

この魅力的な一本道を、ゆるゆるとペダルをこぎながら進んでいると……

f:id:QianChong:20170321161538j:plain

とつぜん、観光客が大勢集まっている場所に出くわしました。

f:id:QianChong:20170321162038j:plain

特に何があるというわけでもなく、一本の樹が立っているだけなのですが、この樹は「金城武樹」という名前で、なんでも金城武(かねしろたけし)氏が出演したエバー航空のCM撮影で有名になった樹なんだそうです。

youtu.be
金城武樹 - 维基百科,自由的百科全书

ふうん……(ごめんなさい、そこまではあんまり興味なくて)。で、今日の宿はこういう外観の、台湾の田舎によくあるスタイルの民家でした。いいですね。

f:id:QianChong:20170322071102j:plain

外の下駄箱に靴を入れて、スリッパに履き替えて、こちらが部屋の共用リビング。季節外れだからか、宿泊客は私一人でこの広いスペースを贅沢に使いました。Airbnbのお宿は当たり外れもあるけど、こういう友人の家に泊まったような感覚になれるところがいいですね。

f:id:QianChong:20170321175700j:plain
f:id:QianChong:20170321175704j:plain

若い頃のようにドミトリーでバストイレ共用というのはさすがにしんどいので、Airbnbでそれなりの部屋を探すと、一般的な台湾のホテル事情からしても決して安いというわけではなくなっちゃうんですが、ここは本当に落ち着いて過ごすことができました。