読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

何語を話すか言う

français

数字

  21から31まで。これで日付が言えるようになりました。日付は数字の前に“le”をつけます。
  これ以後の数字、69まではほぼここまで習った言い方の組み合わせだそうです。

ディクテーション

  初めて「書き取り」課題が出ました。フランス語は発音しない綴りが大量にあるので、ずいぶん間違えました。

何語を話すか言う

  Vous parlez quelle langue? ――Je parle japonais, chinois, un peu anglais et un peu français.
  “un peu”は“一点儿”。事物を列記して、最後の一つ前に“et”を入れるのは、英語の“and”や中国語の“和”と同じですね。

動詞の活用

  フランス語には動詞の活用にいくつかパターンがあるそうですが、そのうち一番多い第一グループの動詞について、活用のパターンを覚えました。
  “parler(話す)”のように、最後が“-er”で終わる形の動詞です。
  私 Je parle japonais.
  あなた Tu parles japonais.
  彼/彼女 Il/Elle parle japonais.
  私たち Nous parlons japonais.
  あなたたち Vous parlez japonais.
  彼ら/彼女ら Ils/Elles parlent japonais.
  “parl”が語幹で、人称と単複数によって活用していますが、このうち、私(-e)、あなた(-er)、彼/彼女(-e)、彼ら/彼女ら(-ent)はいずれも同じ発音です。
  否定形は動詞を“ne”と“pas”で挟みます。すなわち“Je ne parle pas italien.(私はイタリア語が話せません)”のようになると。国籍を言う際の男性形が、そのまま言語名にもなっています。
  また「あなた」は、初対面や関係が疎遠なうちは“vous”、親しくなると“tu”に切り替えたり、そうでなかったりするそうです(個人の感覚の問題)。中国語の“您”と“你”みたいなものですかね。
  もう一つ、第一グループの動詞で“habiter(住む)”の活用。
  J'habite à Tokyo.
  Tu habites à Tokyo.
  Il/Elle habite à Tokyo.
  Nous habitons à Tokyo.
  Vous habitez à Tokyo.
  Ils/Elles habitant à Tokyo.
  “je”は“habite”の“h”があることでエリズィオンが起こり、“j'habite”となります。アポストロフィは“e”を省略した印。また“h”は読まれないため“tu”以外はリエゾンが起こり、“Il habite(イラビットゥ)”や“Nous habitons(ヌザビトン)”のようになります。
  “parler”では単数形の“ii/elle”と複数形の“ils/elles”では全く同じ発音になって区別がつきませんでしたが、“habiter”の場合は複数形の“ils/elles”でリエゾンが起こって“Ils habitant(イルザビットゥ)”となるので、単複の区別がつくようになります。
否定形では“ne 動詞 pas”の“ne”と“habiter”がエリズィオンを起こすので……
  Non,je n'habite pas à Tokyo.
  ……のようになります。
  う〜ん、一気にややこしくなってきました。第一関門というところですね。