インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

kowtow

  世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長来日で、中国が日本に抗議……というニュースをネットで読んでいたら、以下の記事がリンクされていました。

英紙がインド鼓舞、「ラビア主席にビザを、中国にひれ伏すな」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0729&f=politics_0729_011.shtml

  「インドよ、中国にひれ伏すな」という部分には“India, don't kowtow to China”と英文が付されていました。へええ、“kowtow”って、中国語の“叩頭(kou4 tou2)”ですね。頭を地に打ちつけて行う中国式の最敬礼ですけど、わざわざこの言葉を使って見出しを書いた『ガーディアン』紙、なかなかやりますねえ。
  昨日翻訳をしていて“三拜九叩”をどう訳そうか悩んでいたものですから、このシンクロニシティにびっくりしました。