インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

私は〜。

  フランス語学校、グループレッスンのクラスはすでにスタートしていたんですが、途中編入ということで別途二時間の個人授業(補習)を受け、いきなり合流です。もうちょっと発音をやってからにしたかったんですけど、「おいおい学んでいきますから」ってことで。とにかく理屈は後回しで、どんどん会話をさせるというのがこの学校の方針らしいです。
  Je m'appelle ○○.――○○と申します。
  Je suis japonais.――日本人です。
  J'habite à Tokyo.――東京に住んでます。
  Je parle japonais et chinois.――日本語と中国語を話します。
  Et vous? ――で、あなたは?
  発音面では英語や中国語や日本語のローマ字とはまた違う読み方と、フランス語独特の読まなくていい字(特に語末)、それからリエゾンなどにとまどっています。