インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

アットワンス

  駅の構内やコンコースなどで、無料で配られている雑誌がありますよね。一番有名なところでは、リクルートの『R25』なんてのがあります。
  あの雑誌も面白いですが、最近必ずもらってくるのが、旅行会社JTB系の出版社が出している『At Once(アットワンス)』です。
  無料雑誌ですから広告やタイアップ企画もありますが、『R25』ほどそれが前面に出ていませんし、なにより写真がきれいです。表紙は操上和美氏による中年*1男性のモノクロ。
  特集の写真も迫力があって、今月号は「京都、冬庭の魅力」。静謐さ漂う見開きの雪景色が14ページも続くのです。その間、文章は一切入っていません。
  ただでもらえるのが不思議なくらい。素晴らしいです。
http://www.rurubu.com/free/atonce/mokuji.asp

*1:この雑誌は40〜50代の男性がターゲットのようですね。