読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

福袋

  お正月恒例の福袋は、たいがいが在庫処分大作戦だったり、こんなデザイン着られるかよだったりで、絶対に損をするのが分かっているので買わない主義なのですが、今日カルディの前を通りかかったら「ワインお楽しみ袋」というのが並んでいました。
  ワインが一本だけ入った福袋が3500円。中身はもちろん見えませんが、大当たりなら「オーパス・ワン」の2005年。市価三万円以上するワインです。他にもコッポラ一族の「ルビコン」とか、シャンパンの名門「ルイ・ロデレール」とか、スーパー・タスカンの「ソレンゴ」とかが、幸運なアナタに当たるらしいのですが。
  イタリアの高級ワインなど分厚くて重い瓶が使われることが多いですし、シャンパンも炭酸ガスの圧力に耐えるため、瓶が分厚くなっています。というわけで、重さを比べりゃ楽勝じゃん……と、あれこれ手に持ってみて、「何となく重いかな」というのを買ってきました。
  さてさて何が当たったかな?
  ……チリの大量生産メーカー、モンテス・アルファのカベルネ「ヴィンテージ・セレクション」です。
  う〜ん、これはこれでおいしいですけど、まあ値段相応かなと。六十本の福袋中二十四本、つまり五分の二がこれ。「ハズレ」でした(^^;)。
  よく見ると、箱の中にチープなソムリエナイフが入っています。なるほど、これで重さを調整していたわけですね。
  やるなあ、カルディ。