インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

たぶんサリーチェ・サレンティーノ

  パリは連日冷え込んでいますが、冬の気候としては東京と大差ないかな、と思います。緯度的には北海道と同じくらいなので、ズボン下まで持ってきたのですが、結局一度も使いませんでした。
  今日は朝からリュクサンブール公園を散策し、そのあとシテ島まで行ってノートルダム大聖堂を見学。続いてポンピドゥー・センターに入っている国立近代美術館へ。ちょいと寒かったので、とにかく歩きに歩いて体を温めました。
  その後メトロでモンマルトル方面へ。噂には聞いていたのですが、ここはなんですか、雰囲気が歌舞伎町というか、清水寺門前の二年坂三年坂というか、原宿は竹下通りというか、とにかく観光客でごった返していて、チープな土産物が通りにあふれていて、しかもかなり乱雑な雰囲気です。昼間はまだしも、夜はあまり近寄りたくない雰囲気。中学生の頃からモンマルトルの丘とかテルトル広場とかサクレクール寺院などには「閑静」というイメージがあったのですが、う〜ん、これはずいぶん違ってました。冬のシーズンでこれですから、夏はもっと観光地観光地してしまうのでしょうね。

  夜はホテル近くのイタリアンレストランに行きました。たまには目先を変えようと思ったのですが、これは大失敗。フランスに来て、初めて食事がおいしくないと感じてしまいました。ワインも確かイタリアの赤を頼んだはずですが、よく覚えていません……。