インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

レッドクリフPart1

  勤務先の映画鑑賞会、ということで有楽町マリオンの日劇に行ってきました。毎年、中国語の映画を一本選んで、事前に簡単な予習などして、生徒全員で観るという企画。
  昨年は「ちょっとなんだかなあ」的映画だったので、今年は私が「楽しいの観ましょうよ〜!」と騒いだら、この映画に決定。大迫力でなかなか面白かったですけど、それにしてもまあ、えらくたくさん人が死にますね。★★★☆☆。
http://redcliff.jp/index.html
  朝、映画館前で生徒にチケットを配っていたら、映画館のスタッフが剣呑な顔つきで迫ってきて、「一体何をしてるんですかっ」と詰問されました。意味がよく分からなかったんですけど、どうやらダフ屋と間違われたらしいです。
  失礼しちゃうわ〜(*`Д´*)。スーツ着て、ネクタイして、生徒の出席簿を手にチェックしながらチケットを渡している私のどこをどう捉えてダフ屋などと……やっぱ、この人相の悪さでしょうか。