インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

後悔不及

  中学校のクラス会のお知らせが十数年ぶりに来ました。
  私が引っ越しに引っ越しを繰り返したせいでいつしかみんなと音信不通になっていたのですが、幹事がインターネットで私の名前を検索したら、今の職場が引っかかって電話をくれたのです。いや、恐ろしい時代になりました。
  当時すでに定年間近だった担任の先生もまだご健在で、出席されるとか。とても楽しみにしていたのですが……なんとクラス会当日、すっぽかしてしまいました。
  幹事がメールで日時や場所などを知らせてくれるということでずっと待っていたのですが、いっこうに音沙汰がなかったのです。おかしいなと思っていたら今朝、携帯に留守電が入っているのに気がつきました。
  「クラス会、今日だよ。どうしたの?」
  あああああ、昨晩に限って携帯電話の電源を切っていたのです。締め切り間際の字幕仕事があったもので。急いで過去のメールをチェックしてみると、ちゃんと日時や場所を知らせるメールが受信されていました。なぜこれを見逃したのか、皆目見当もつきません。というか、これだけ盛大な「すっぽかし」をやったのはここ十数年来で初めてです。
  お知らせが来ないなあと思った時点で、確認しておくべきでした。これも忙しさにかまけてついそのままにしておいたのがいけなかったなあ……返す返すも残念ですが、仕方がありません。