インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

暑気払い

  現在私が担任をしているクラスの学生は、北京へ短期留学に行っている。ただし仕事や体調などの理由で留学に参加できない学生も何人かいて、その人たちのために“留校班”が作られ、北京での授業とほぼ同じような内容と進度で学んでいる。
  きのうはその“留校班”の学生と、別の先生の自宅へおじゃまして、暑気払いのパーティ。先生手作りの料理がたくさんテーブルに並んで、とても楽しかった。
  この先生(女性)はとても酒に強くて、もう一人酒に強い韓国人留学生と一緒に何度か“干杯”をしていた。私もつきあわされて、気がついたらかなりろれつが回らないフラフラの状態に。結局、這うようにして帰宅。韓国人留学生が心配して、新宿まで付き添ってくれた。ふがいない教師ですみません。
  こんなに酔ったのは久しぶりだ。やはりシャンパンとワインと焼酎のチャンポンはいけませんね。