インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

歯列矯正中にはカレーを食べないわけ

  前歯を固定していた細いワイヤーを取り、再度ゴムで全体をぎゅぎゅっと絞める。先生によると、いよいよ最終段階だそうだ。次回か、その次あたりからブラケットをはずすための準備(まだ準備段階なのね……)を始めるという。ついにブラケットから解放される日まで「秒読み」に入ったわけだ。
  解放の日はカレー料理を食べに行くと決めている。歯列矯正をしている人はたいがい「カレー断ち」をしている。別に食べても歯には何の影響もないのだが、ブラケットを固定している半透明のゴムがスパイスで黄色く染まるため、見た目が非常に悪い……というか顔に「私はカレーを食べました」と書いて往来を歩くような恥ずかしさがあるからだ。
  だったらゴムを交換する直前に食べりゃいいじゃないかと思うだろうし、実際先生からもそう言われているのだが、なぜか「カレー断ち」に走る人が多いらしい。何かこう、ストイックにしていることで歯列矯正の被虐的な気分がより際だって快感というか……変態ですな。