インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

専門学校

  新学期が始まって二週間。“備課(授業の準備)”に追われるのは新米教師として当然だから苦にもならない(むしろ楽しい)が、それ以外の仕事がかなり大変だ。ブログを書く時間など全く取れずに早朝から深夜まで働いている。
  学生には高校を出たばかりの若い人もいれば、定年を迎えた後第二の人生をと意気込んで入学してきた年配の方もいる。年配の方はおおむね自覚的でとても真面目に勉強しているが、若い人はすごくよく勉強する人と、あまり勉強しない(勉強の仕方がまだよく分からないのだと思う)人とに分かれているようだ。それでもid:toraneko285さんが紹介されていた一部大学生のような仰天発言などは聞かれない。勉強にはそれほど熱心ではなくても、出席しておとなしく教室に座ってはいる。こちらが乗せれば、むこうもそれなりに乗ってくる。何というか、意外に“乖(聞き分けがいい)”な学生さんたちだ。