インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

ホームパーティ

  座談会のあと自宅にとって返して、カバンにワイン*1を三本も詰め込み、友人宅のホームパーティへ。いいよなあ、ホームパーティができるほど家が広くて。おまけにかわいい柴犬も家の中で飼っているのだ、この家は。まだ日の高いうちから酒を飲んで、犬と遊んで(というより遊んでもらって)楽しい休日だった。
  パーティでは「秘技・ストライプチーズ」を作った。
  1.焼き海苔三畳とスライスチーズを一パック(十枚)用意する*2
  2.海苔を十字に四等分して合計十二枚の正方形にする。
  3.まず海苔一枚をまな板に置き、その上にスライスチーズを乗せる。四等分した海苔とスライスチーズがちょうど同じくらいの大きさなのだ。
  4.そのあと「海苔→スライスチーズ→海苔……」と次々に重ねていく。
  5.十枚のスライスチーズが全部重なったら、最後に海苔を乗せる(海苔が一枚余るが)。
  6.サンドイッチの耳を落とすように四方を切りそろえる。
  7.さらに細かく切り分ける。正方形とか正三角形とか台形とか、“cubical”に切る方がおもしろい。
  要するに「海苔チーズ」の変形なんだけど、これが異様にうまいのよ。それに切り分けたチーズが何だかプラスチックの固まりみたいに見える。言われてみれば「な〜んだ」だけれど、すぐにスライスチーズだと分かる人は少ない。

*1:とっておきの「ビービーグラーツ・テスタマッタ」というイタリアワインをとうとうあけちまった……(^^;)。

*2:このスライスチーズはプロセスチーズ系のごく安手のものがいい。ゴーダとかチェダーとか、高級なスライスチーズは水分が少なめなので海苔と密着しにくく、うまくいかない。