インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

世は〆切

  泣く子も黙る*1山本夏彦氏の辛口コラム集。
  『漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか?』に出てきた「中宮定子が『香炉峯の雪はどうでしょう』とたずねると、清少納言はすだれをかかげた」というハナシがこのコラム集にも登場して驚く。ただの偶然だろうけれど、これはもう山本氏オススメの『和漢朗詠集』を読めということだなと勝手に解釈する。
  『教師ぎらい』というコラムにはこんなことが書いてあって、時々派遣講師などにかり出される私は身の縮む思い。

  古人は自分のよく知らないことを自分は教えはしなかったかと、日に三たびわが身を反省すると言った。私が肝に銘じて忘れない金言である。

  へへえ。

*1:いま「なくこもだまる」と打ち込んだら「なく薦田○」と変換された。最近「辞書ファイルが開けません」というエラーがときどき出るし、インプットメソッドの調子がかなりおかしい。