インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

西洋骨董洋菓子店

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)


  よしながふみ祭りは今でも細々と続いている(毎日少しずつ読むのだ)。今日はぽちさんオススメのこの作品全四巻を読み終えた。おもしろい。ギャグとシリアスがうまく合わさっていて、サスペンス的な要素も加わっていて。主要な登場人物四人が揃いも揃って美青年とくれば、平凡な少女マンガになるかと思いきや、キャラクターがみんな魅力的。ドラマタイズされたほうは少ししか見なかったけれど、こんな味わいではなかったように思う。
  カジュアルなセリフ回し(ネームか)だけれど、何だかとても味わい深い。特に私は「酒も好きだが甘いものも好きだー」タイプなので、お菓子の細かい説明がもー辛抱たまらん。このあと近くの「ノリエット」に行く。絶対に行く。あの店はどことなくアンティーク調のインテリアだし、お菓子の他にパンや洋風総菜も売っているし、なんだかこのマンガに出てくるケーキ店「アンティーク」に似ている。店員はみんな女性で、あまり愛想はよくないけれど……。