インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

ミュンヘン

  一九七二年のミュンヘン・オリンピックで起きたイスラエル選手団殺害事件。その報復のために組織された暗殺チームの実話(!)を元にしたという作品。よりによって民族や宗教の深刻な対立を描いた映画を二本続けて見ることになり、正直相当重い気持ちになった。が、こちらはスティーブン・スピルバーグ監督ということで、こんなことを言ってはかなり不謹慎だが、ほんのちょっぴりエンタテインメントの要素も含まれている。
【ネタバレがあります】

  映画自体はとても単純で、イスラエル選手を殺害したテロリストのアラブ人を一人一人暗殺していくというもの。最初はためらいがちだった主人公が、だんだん殺人に抵抗がなくなっていく様子を描き出す。けれども初期の暗殺で、あやうく「標的」の娘を巻き添えにしそうになってかなり慌てるなど、自分がしていることに対する根本的な矛盾は当の本人も気づいているのだ。
  物語の後半ではその矛盾を押し殺せなくなった主人公が徐々に悩み始め、何に対しても疑心暗鬼になっていく様子が描かれる。このあたり、マンハッタンを臨む河辺のラストシーンで、「あのビル」が当時のままそびえている風景を印象的に入れていることからも、スピルバーグはここ数年間のアメリカの来し方と行く末を語ろうとした、ということなのだろうな、やはり。★★★★☆。