インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

開汽水

  “汽水(サイダー・炭酸水)”の瓶を開けると「プシュッ」「シューッ」という音がするが、それから人をたしなめるときに発する「シーッ!」という音を連想して生まれた言葉らしい。
  ちなみに“開汽水=喝倒彩”としてある資料もある。これだと「ブーイング」だ。
  このブーイング、本当に「ブーブー」言っているブーイングは欧米のサッカー中継くらいでしか聞いたことがない。日本だとたいがい「どよどよ」とどよめくか、口々に何か言うかじゃないか……なあ。少なくとも私は不満が「ブー」にならない(笑)。足をどんどん踏みならすほうが自然にできるかも。とはいえこれは不満というより「冷やかし」とか「ツッコミ」に近いか。