インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

唐人街

  大陸に留学していたときのクラスメートが集まるというので、“初一(旧暦の元旦)”でごった返す横浜中華街に出かけてきた。中華街と言うより唐人街という響きのほうが異国情緒があって好きなのだが、ま、それは置いておいて。しかし横浜中華街は他の国の唐人街とずいぶん雰囲気が違う。あまり中華を感じない。ま、これも自分が日本人だからだろうな。
  久方ぶりに街で爆竹のはぜる音を聞いた。聞くところによると大陸では、北京などで長い間禁止されていた爆竹が再び解禁になったらしい。あちらの爆竹はほとんど爆弾みたいなものもあるから恐い。けが人が出なかっただろうか。
  夜は池袋で、北京語学校の同窓生や恩師と会食。いろんな人の近況を聞いたが、みなさん大学で教員になったり、福祉の仕事にとりくんでいたり、ソムリエの資格を取ったという人がいたりで、それぞれの道で充実した毎日を送っている……はああ、思わず『岬めぐり』のフレーズを口ずさんでしまいましたよ。「♪僕は〜どうして〜生きていこう〜」(^^;)。