インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

明治大正 翻訳ワンダーランド

明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)

明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)


  題名の通り、明治・大正期の翻訳家とその翻訳作品を列伝的に紹介した本。翻訳というより超訳、いや翻案、いやいやほとんど創作しちゃってるような『鉄仮面』もあれば、ネロを「清」、パトラッシュを「斑」とした『フランダースの犬』もあって、とにかくおもしろい。
  文章について、自分のことは棚上げで感想を言えば、筆者のウケ狙い的な小技に少々引いてしまうこともあるけれど(笑)、軽妙な文体で一気に読んでしまった。

「寒い。寒いよ」と来れば自動的にパトラッシュ。(中略)わたしたちの世代で言えば、「立て。立つんだ」と来たら反射的に「ジョー」と言ってしまうようなものか……。

  わははは、この本の著者は私と同世代かもう少し上の方だな〜。
  それにしても、明治大正期の翻訳者たちの仕事を見ていると、何だかとてもダイナミックで楽しそうな営み。い、いや、だからって当世の翻訳仕事がとても地味で辛気くさい営みだと言うつもりはないが。