インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

アテンド終了

  午前十一時で翻訳を切り上げ、スーツに着替えて試合会場へ。
  このスポーツ、試合会場がかなり寒い*1。スーツの上にコートを着ていても底冷えするので、長年のポリシー(?)を曲げてズボン下(スポーツ用タイツ)を履き、Vネックのセーターを着る。スーツにセーターってあまり好きじゃないんだけど、この際こだわってる場合じゃない。
  昼食をとっていなかったので、チームのバスを待つ間、駅前で買ったマクドナルドの「デミグラきのこバーガーセット」をベンチに座って食べる。マクドナルドなんてかなりのご無沙汰だ。しかしあいかわらずものすごい味だね、こりゃ。
  マクドナルドで注文した品を待っている間に気づいたのだが、カウンターに並んでいるお客さんの中にお年寄りが多かった。まあ偶然なのだろうけれど。で、私の前にいたお二人はお二人とも手にしたメモを見ながら「フィレオ……あの、魚はさんだやつ」という感じでぎこちなく注文していた。お孫さんか誰かに頼まれて買いに来たのじゃないかと思う。セットについてくるらしい「おまけのおもちゃ」を選ぶ段になっても、かなり迷ってらしたから、たぶんそうなのだろう。というか、孫、もしくはその親、自分で買いに来なさいっての。
  試合は昨日に引き続き、大差で負けてしまった。中盤、素人目にも結構いい感じで攻めていた部分もあったのだが、結局一点も入れられなかった。残念。
  明日は成田空港から帰国だが、早朝の便で旅行会社のツアコンが案内するから通訳者はもういらないだろうということになり、今日でアテンド終了。わはは、日当が一日分減りましたよ(^^;)。

*1:別にぼかして書く必要もないのだが、ま、一応。