インタプリタかなくぎ流

“Might come in handy one day.”

  映画を見ている間に携帯電話に伝言が入っていて、確認するとエージェントさんからだった。来週前半、大阪での通訳のお話。ぜひとも受けたかったけれど、あいにく他の仕事がすでに入っていたので泣く泣く断る。稼働時間からすれば今日のオファーのほうがずっと実入りがよいのだが、そんなことは言ってはいけないのだ、ううむ。
  フリーランスって、先々の予定、特にプライベートな予定は入れにくくなるものだなあ。例えば芝居のチケットなど、ひと月ふた月あとの公演を押さえても、当日近くになって急に仕事が入ることも大いに考えられるもの*1。友人と食事の約束をするのだって、特に店の予約をしていくような場合は同様。勤務時間が固定されているサラリーマンじゃないと、なかなか予定が立てにくい。

*1:何も仕事が入らない可能性だって、いやむしろこのほうが大いに考えられるのだが。